« 週刊朝日の記事 | トップページ | ホンマでっか!?TV »

あおっぱなの子供がいない理由

昔は「あおっぱな」の子が多く、すするとぴゅっと鼻の中に入りました。

今はそんな子供は全然見ません。

「あおっぱな」は細菌やウィルスが鼻から侵入して粘膜に着いて感染してしまい、白血球がこれを防御するために滲出して化膿して「あおっぱな」になっていました。

これは鼻呼吸をしていたから起こった現象です。

今の子供の鼻水はさらさらのしょう液性です。

これは扁桃腺に着いたウィルスや細菌が感染して、炎症を起こしヒスタミンを出してそれが鼻水として出ているからです。

インフルエンザ予防は鼻呼吸ですね。

« 週刊朝日の記事 | トップページ | ホンマでっか!?TV »

「歯科」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ