« 新型インフルエンザ | トップページ | 危ない球 »

インフルエンザ予防の口呼吸と低体温症

最近の子供さんは口をポカーンと開いていて、口呼吸になっています。

犬が体温調整に口を開けて舌を出して「はあはあ」しているのは気化熱で体温を下げていると聞きます。

それが今、子供さんたちにも同じことが起きています。

寝ている時に口を開けて寝ているので、朝起きて体温を測ると35.8度ぐらいになっています。

普通は子供さんの体温は比較的に高く、36.8度ぐらいだったと思います。

口呼吸によって体温低下になりインフルエンザウィルスに罹り易い状態になっています。

口呼吸を鼻呼吸にしないと。

« 新型インフルエンザ | トップページ | 危ない球 »

健康」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ