« 歯科検診のグローブ | トップページ | 結婚記念日 »

上唇小帯を耳鼻咽喉科で切るトラブル

上唇小帯が短いと上唇が富士山の形になってしまい、口を開けている状態になるために舌小帯と一緒に耳鼻咽喉科の先生は切っているようです。

上唇小帯は永久歯に代わる小学校1年生の秋ぐらいに、乳歯を抜いた時に一緒に切除してもらえればベストです。

上唇小帯は口呼吸には全然関係ありませんから、新生児で切る必要がありません。

舌小帯もそうですが、上唇小帯もどこまで切ったらいいのか分かっていません。

電気メスやレーザーは言語道断です。

耳鼻咽喉科でのトラブルが多いです。

« 歯科検診のグローブ | トップページ | 結婚記念日 »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/44702313

この記事へのトラックバック一覧です: 上唇小帯を耳鼻咽喉科で切るトラブル:

« 歯科検診のグローブ | トップページ | 結婚記念日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ