« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

必殺技

今夜のコーチングセッションで私がずっと探していたスタッフ教育の必殺技が分かりました。

4年かかりました。

最初は地域一番のセミナー参加して、他の歯科医院のスタッフが先生と一緒に来ているのを羨ましいと思い、大阪のY先生の所のスタッフはなぜチームでできるのか不思議に思い、コンサルタントの話からコーチングがスタッフ教育に欠かせないものと聞けば、今度はコーチ21のCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)を受講して認定コーチまでなりました。

それでもコーチングでなく、ソーシャル・キャピタルだと聞けば、その会社に電話して問い合わせをしたり、チームビルディングの講習会は500万円と言われて断念。

スタッフ教育の必殺技が必ずあるはずだと思いましたが、結局答えは簡単、スタッフとの面談でした。

コンサルタントが毎月歯科医院でやっているスタッフとの面談、これがスタッフ教育の必殺技でした。

子育て

子育てを教えてくれる人も場所もありません。

今日も子供を死後1か月ぐらい冷蔵庫に入れていた母親が逮捕されました。

ベビーバスの熱湯の中にわが子をいれて面白がる親。

母親としての育てるという責任感がありません。

順番が違っているからです。

できちゃった結婚が原因ではないかと思います。

私の記憶が正しければ、花嫁修業なるものが昔はあって、それができなければ嫁に行けなかったし、はずかしかった。

料理、洗濯、掃除もできません。

それを全然やらずに子供ができてしまえば、何もできないで嫁、母親になってしまうのは当たり前。

子供のまま母親に一気になってしまえば子育てなんてできません。

三つ子の魂百まで。

どこで教えるのかが大事です。

インフルエンザ予防とパタカラ2

豚インフルエンザがとうとうフェーズ4になりましたね。

朝の“とくダネ!”で免疫機能の低下がインフルエンザの蔓延の原因と専門家が言っていました。

ワクチンは3ヶ月後にはできるそうですが、それでは間に合いません。

免疫機能は日頃から花粉症やインフルエンザA、B型に感染していて低下しているわけで、それを元に戻すには鼻呼吸しかありません。

鼻呼吸することで、鼻毛がフィルター、温度が0.1度高いと言われているのでウィルスが死滅します。

普段からポカーンと口を開いて口呼吸していれば、扁桃腺がウィルス、細菌に感染しやすくなっています。

それを“パタカラ”で鼻呼吸にするわけです。

ゴールデンウィーク過ぎに“パタカラ”開発者の秋広先生のニッポン放送での「インフルエンザ予防とパタカラ」の放送のテープが手に入りますので、このブログで紹介しますね。

歯科は絶滅危惧種

私の卒業した大学の歯学部が今年は定員割れだそうです。

付属の歯科衛生士科も看護科を昨年から作ったためなのか、やはり歯科衛生士科はかなりの定員割れだそうです。

そして今年で静岡の歯科衛生士専門学校も最後だそうです。

静岡県立短大には歯科衛生士科はありますが、半分は県外だそうです。

沼津の歯科技工士専門学校も廃校になり、歯科技工士のなり手がいません。

全国的に歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が減少しています。

歯科医師は昨年年収300万円のワーキングプアと紹介され、歯科衛生士も将来性がなくベテラン歯科衛生士がいるところでしか働けない状態、歯科技工士は安い技工料でこき使われどんどん辞めていってしまいました。

原因はいつも厚生労働省。

2年毎の保険点数の改正は1%や2%。

最新機器や、ディスポーザブルの代金に見合わない。

被せる歯の点数なんて何年変わらないの?

パソコンだって1年保障なのに、2年保障も被せる歯にさせているバカバカしさ。

消費税だって、材料とか金属や技巧料金にかかってきて5%払っているのに保険点数はその時には0.1%だけ上がっただけ。

誰が考えたって、ワーキングプアになりますよ。

保険点数が上がらないもの技工士に払う技工料だって上がらない。

世間ではインプラントで儲かっていると思われていますが、そんなにインプラントを入れている日本人がいると思いますか?

歯医者が儲かっていたのは、今から40年前の白色申告の時代です。

医者が少なくなったと厚生労働省は医学部の定員を増やしましたが、根本的な解決にはなりません。

誰も休みが取れない救急医療にいくと思いますか、産婦人科にいくと思いますか?

答えはNO!

人間は喉元過ぎてしまえばそういう医者に感謝しないからです。

救急の先生はそれが本当は励みになっていてお金ではないんです。

医者も医師過剰時代と言われて定員が減らされてきて、こんな状態になりました。

これで歯医者もあと15年後ぐらいに減ってきますから、急に痛くなっても診てもらえず、半年先か1年先になってしまうと思います。

その時になって困っても後の祭りです。

舌小帯切除手術を1年かけて終了

昨年、舌小帯を切る予定だった子供さんですが、やっと今日舌小帯切除手術をやってくれました。

ウチでは押さえつけてはやりませんから。

できなければ、待っていてもらうか来月にします。

でも、本人もそろそろ舌小帯を切らないとやばい気がしていたんですが、ずっと逃げてきました。

今日はお母さんがずっと手を握ってくれていて、いつものように暴れないし、手で口を抑えなかったのですが、最後の抵抗を30分ぐらいやっていましたが、何とか今回はやりました。

よかったーぁ!

でも待合室で待っていた子供さんが連鎖反応で泣き始めてしまい、いくら終わったその子供さんが「大丈夫だよ。」と言っても何も効果ありませんでした。

また来月チャレンジしてもらいます。

舌小帯メール無料診断中止します

舌小帯のメールでの写真の無料診断を中止します。

無料ですと老人医療、就学前児童のように無料にしてしまったために病院に溢れてしまい、本当にひどい症状の方があとまわしになってしまい、ちょっとおかしいぐらいで相談されてきますので中止させていただきます。

実際、今いらっしゃっていただいている患者さんで手いっぱいなので、本当に悩んでいらっしゃる患者さんでETCで土日来られる方には今まで通り無料で診断いたします。

豚インフルエンザ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090425-00000007-cnn-int

先々週、ウチの三男がインフルエンザB型に罹って大変だったのに、今度は豚インフルエンザだそうです。

メキシコで68人も亡くなっているそうで、どうなっちゃうんでしょうか?

確かバドミントンのダブルスの相棒がジャトコなんですが、今メキシコに行っているかもしれません。

気をつけても仕方ないので、とにかく免疫力を高めるように免疫グロブリンを注射していってほしいですね。

あちこちでウィルスってどうしちゃったんでしょうね。

それだけ人間の体の自然治癒力が落ちているってことでしょうか?

もったいない

今日来られた患者さんに「先生は患者さん毎に手袋を毎回代えているけれど、もったいないから家で庭いじりする時に使いたいからくんない?]と言われました。

「申し訳ありませんが、医療廃棄物となってしまうので、例え○○さんに使用した手袋でもお譲りすることはできません。」

そう私は言って、使用していない手袋を差し上げました。

確かにエコを考えればもったいないことなんですが、院内感染を防止するには仕方ありません。

ウチでは患者さんに使用する全てを滅菌します。

一部噂で手袋をしたまま手洗いをしている歯医者もいると聞きます。

何のための手袋なのか分かりません。

デモンストレーション

最近独自のブランディングで治療されている先生が多いのですが、なぜ自分だけやっていればいいのにすぐセミナーを開いて他の先生に有料で教えるんでしょう?

金もうけ?

薬剤に関しては薬事法を通っていません。

事故があった場合は使用した先生の責任です。

開発者でない歯医者がやっても微妙な調整はうまくいくはずありません。

実習もちゃんと設備の整ったところでやることも大事ですが、自分の診療室でやらなければ何の意味もありません。

実習では何度やってもインストラクターの暗示が入ります。

できたら出張実習がいいなあ。

異業種セミナー

朝、新幹線で大阪に行き、インターネットビジネスのカリスマの講演を聞いてきました。

業種は違えどもビジネスは一緒。

こういう話は本当に勉強になります。

舌小帯のビジネスモデルはどうもいいらしい。

後で講師の先生にメールを送って確認してみる予定です。

とっても有意義な一日でした。

また来月あります。

フォロー

ホワイトニングのセミナーを昨年の1月に受講しましたが、やっとメーリングリストができたと思いきや、上手くホワイトニングのできない先生に「ホワイトニングは1回では上手くいかないとか、もっと経営セミナーに行き勉強しろ。」では答えになっていません。

自分の患者さんが適応外なのか、術式が悪いのか、使用している薬品が悪いのかを聞いているのにこの返事じゃあ困ります。

たった1回こっきりの実習で上手くできるはずがありません。

自分の診療室でできなければ意味がありません。

実習ではある程度周りの先生の暗示もありますからあてになりません。

こういうことも踏まえて実習に臨まなければなりません。

実際の患者さんの時にインストラクターが立ち会ってもいいと考えます。

もう少しフォローしてあげればいいのに。

ラブレターの絵本

TBSの愛の劇場「ラブレター」のドラマの主人公美波が書いた絵本で、海司を思ったラブレター(絵本)です。

本当に絵本になりました。

こういう絵本が少なくなりました。

ぜひ、読んでください。

ジャパン

WBCは侍ジャパンで優勝しました。

今回に限ってなぜ“原ジャパン”じゃあなかったんでしょう?

監督の名前を付けた場合の勝率が悪いためなのかもしれません。

北京オリンピックでは“星野ジャパン”で負けたように。

そもそも監督が試合をするわけでなく、選手がするのでこのネーミング自体おかしかったんだと思います。

それとマスコミがプレッシャーをかけ過ぎでイチローも本来の調子になれなかったんだと思います。

スポーツに関してはいつも妙なプレッシャーを選手にかけ過ぎだと思います。

本当に勝ってもらいたいなら取材を控えるべきで、相手チームに筒抜けになってしまい、情報戦の時代に信じられません。

パパラッチじゃあないんでしょ?

結婚記念日

先日、天皇陛下と皇后の金婚式のニュースが流れていましたが、ウチも今日は22年目の結婚記念日でした。

私が今年50歳ですから、何かと縁があります。

当時は開業して2年目で全部自分でやっていましたが、これからは経理を任せられると喜んでいましたがそうはうまくいきませんでした。

歯科医師会の顧問税理士にお願いしていたのですが、何か税金ばかり払いすぎていてバカみたいだと思っていました。

途中から、全国で有名な歯科専門の税理士に頼んだところ、孫請け担当が領収書は自分が分からないものはバンバン捨ててしまい、余計税金が高くなってしまいました。

次のところは、自分の所の保険を売り付けてきてどうしようもありませんでした。

それで今のところで落ちついています。

税理士の選択もむずかしいですね。

上唇小帯を耳鼻咽喉科で切るトラブル

上唇小帯が短いと上唇が富士山の形になってしまい、口を開けている状態になるために舌小帯と一緒に耳鼻咽喉科の先生は切っているようです。

上唇小帯は永久歯に代わる小学校1年生の秋ぐらいに、乳歯を抜いた時に一緒に切除してもらえればベストです。

上唇小帯は口呼吸には全然関係ありませんから、新生児で切る必要がありません。

舌小帯もそうですが、上唇小帯もどこまで切ったらいいのか分かっていません。

電気メスやレーザーは言語道断です。

耳鼻咽喉科でのトラブルが多いです。

歯科検診のグローブ

「学校歯科検診の衛生管理について」というFAXが4月11日に歯科医師会からきました。

内容は学校教育課が保護者からの要望で児童、生徒毎にグローブを交換してくださいという通達が学校にされて、歯科医師会は面倒臭いからやりたくないということかな?

昨年から急に1歳半検診、3歳児検診ではグローブの交換は厳しくなり、1人1人交換しなければなりませんでしたから、小学校の学校医になった私は全員にグローブの交換は苦になりませんでした。

むしろ、学校の保健の先生に1歳半や3歳児で厳しくなったから、健診での手袋の交換を進言していました。

普段の診療で私は慣れているので何も面倒でないのですが、慣れていない先生には大変なんでしょうね。

検診時間が長くなるからと言って、検診の安全性を考えない方がどうかしています。

昔の小学生の予防接種のように、同じ注射器で1ccずつ注射をしていた時代とは違うので。

交通事故

今日の午後3時ぐらいに救急車がけたたましくサイレンを鳴らしてウチの上の方に行きました。

またお年寄りが具合が悪くなったかなと思いながら診療をしていました。

するとウチの前に妙に車の渋滞が始まったので、何事かと外に出て渋滞の先をのぞき込みました。

すると、対向車の車が化粧品屋さんのところを大きく回りながら通っているのを見て、あの辺りに救急車が止まっているんだなと思い、診療に戻りました。

それからすぐに上から来られた患者さんに聞くと、「小学生がはねられたらしい?」ということでした。

すぐに化粧品屋さんの所に歩いて行くと、下からは気がつかなかったんですが、パトカーが既にいました。

化粧品屋さんの前は警官5人と運転手の男の人で事故の事情聴取をやっていました。

別の警官が一緒にいた子供たちにやはり事情を聞いていました。

子供一人が、「渡れると思った。」と警官に言っているのが聞こえました。

ここには横断歩道があるんですが、横からの狭い道から出てくる子供や自転車に私もヒヤッとしたことが何度もあります。

それだけに注意を払わなければならない道です。

チキンレース

コンビニが105円の惣菜を投入して、大手スーパーのチキンレースに参加してきました。

大手スーパーも1強5弱という縮図になるそうで、本当にチキンレースですね。

大手スーパーは仕入れで叩いてやっているのに対して、コンビニは高いコンサルタントフィーと仕入れは高い系列会社からでないとダメなので、店長が泣いています。

チキンレースは相手がビビってブレーキをかけないと終わりませが、ブレーキをかけないで自爆する場合が多々あります。

百貨店もチキンレースに参加するなら、ブランド品をやって欲しいですね。

でもブランド品は高くても買いたい人しか買いませんので無理ですね。

補綴物維持管理料

補綴物維持管理料とは、被せたものを2年間保障するということです。

歯科医院が補綴物維持管理料を算定している場合には、2年以内に治療をしたところが欠けたり、二次的に虫歯になってしまったり、かぶせた歯が取れてしまったりした場合には、これらの治療は全て無料(歯科医院側が治療費を負担)でします。

これを他の歯科医院で新しく被せた場合は保険診療で新たにできます。

自分のところで被せた歯は2年間保証しなければならないけど、すぐに他の歯科医院にいった場合は料金がかかりますという変な保険です。

歯医者が負担とありますが、実際は型を取るのと金属は歯医者負担、技工物は歯科技工所が負担です。

そもそも健康な歯を削って被せるのはブリッジだけで、通常は神経を取った歯や抜く寸前の根っこだけの歯を被せるわけですから2年も持つはずありませんし、そういうお口の中の環境を考えたら無理な話です。

風邪をひき治しても内科は保険でできます。

高血圧、糖尿病で数値が下がっても内科にずっと罹って、薬を飲み続けなければなりません。

パソコンでさえ1年保障ですが、何で2年間保証しなければならないんでしょうか?

ベンツでも故障だけの1年間保証はありますが、損傷に関してはありません。

車だって、何もメインテナンスしなくてどこも故障しないはずはありません。

そういう保障制度を作ることが間違っています。

お口の中はものではないからです。

生身の体です。

どぶさらい

さくら祭りが終わった次の週の日曜日はどぶさらい(春掘り)です。

でも殆どのところは側溝は蓋をされていますからやる必要がありません。

でも蓋をしてから一度も清掃をしたことがないから逆に怖いです。

土砂や、ゴミが入りっぱなしです。

圧縮空気で出された水で清掃するという話もありましたが、一度も見たことがありません。

しかし、ウチの裏は昔ながらの川なんです。

石もごろごろしているし、雑草も生えているし、蛭も水草の中にいるし大変です。

自然が残っているようですが、それも善し悪しです。

車から缶や瓶を投げ捨てる人がいるので困ります。

富士市でもゴミを少し厳しく分別するようになりましたが、近隣市町村も足並みを揃えないとそれも無駄になります。

いつの日か掃除をしないですむ川になって欲しいです。

中学生

ウチの地区の中学生の授業が変わっているらしい。

先生が教えるのでなく、グループで答えを導いていくらしいです。

だからグループでできる子がいないとそのグループは大変なことになります。

学校でそういう状態なので、塾に行かないとまずい。

高校の先生も入学して来てから大変らしい。

それが嫌なら、私立中学に行く子供さんも増えているようです。

どうなっちゃうんでしょうか?

ワンセグテレビ

ワンセグはNHKの受信料を既に払っていれば、払わなくていいそうですので、明日次男の所に置いてきます。

水曜日にNHKの視聴者コールセンターへ妻が電話をかけた時のオペレーターの対応は、ひどい対応で、これが公営放送の対応の仕方かと耳を疑うものでした。

こんなことだから国民から嫌われるんだと思います。

これで地デジに代わるときにかなり問題になると思います。

地デジ対応テレビでなければ受信可能な装置でないので、NHKの受信料を払う必要が無くなるからです。

スクランブル放送にして、どんどんして潰れてしまえばいいと思います。

コーチングを超えるもの

以前、コンサルタントのセミナーで一緒だった先生が本に載っていました。

先生はいろいろ苦労されたようですが、コンサルタントがやっているスタッフ面談をまめにされて今日に至ったようです。

スタッフ教育は結局スタッフとの面談の時間を十分に取ることが重要だということのようです。

コーチングだと歯科医院のスタッフには目標がない人が多いので機能しません。

それをスタッフ1人1人の面談だと今の現状やこれからの方向性も共有できるのではないかと思います。

これは全部私の想像の範囲です。

こんな簡単なことができそうでできません。

診療時間を削ってまで歯医者がやらないからです。

私もチャレンジしてみます。

NHKの受信料契約

先週の日曜日に次男が引っ越しをしましたが、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は夕方になるということで3時前に富士へ帰ってきてしまいました。

夜、次男から電話で「テレビがうまく映らないまま、電気屋さんが帰っちゃった。」という連絡がありました。

そして月曜日の夜、また次男からの電話で「NHKの契約を突然来た人に無理やり書かされた。」と言ってきたので、私が「チャイムが鳴ってすぐドアを開けるからそうなるんだよ。町場じゃあ絶対ドアを開けちゃあ駄目なんだよ!、契約書を送ってこい!」と怒りました。

契約書の控えを見れば、何も書いてありません。

すぐにNHKの視聴者コールセンター0570-077-077に妻がかけてたところ、オペレーターの対応もそういうお客ばかりだからなのかもしれませんが、最悪。

これじゃあなぁ・・・

そして、横浜NHKの担当が7時過ぎに電話をかけてきました。

私が開口一番、私が「日曜日にテレビを設置したが映りが悪いので今度の日曜日に回収してくるつもりなのに、突然来て、未成年者に契約を強要するのは民法で違法ではないのですか?」

NHK「みなさん、学生さんも契約してもらっています。」

私「みなさんって、どの人がですか?]

NHK「みなさんはみなさんです。」

「だから、誰と誰がですか?そういう曖昧な言い方は契約がいい加減ということですよ。

それに契約書の控えには子供の筆圧が弱かったせいで何も書かれていませんよ。こんなんで契約って言えるんですか?

とにかく、この契約は取り消してください。

それとNHKの集金人の教育がなっていません。

懇切丁寧に契約の説明をしないで、NHKの職員でないものが、親の同意も取り付けないでやっている行為は法律違反ですよ。

こんなことならちゃんとスクランブル放送にすればいいんですよ。」

NHK「スクランブル放送は公共性が無くなります。」

私「こういうトラブルが多いNHKはスクランブルの方がいいでしょう。別に公共性という問題でなく、NHKの受信料を払ってくれない人が多くなると思っているからでしょう?」

NHK「・・・」

私「とにかく契約を破棄してください。次男は別にテレビは元々観ない子ですから。」

NHK「お送りします。」

スーパーの戦略

先週、NHKがやっていた番組で、あるスーパーの生き残りをかけた戦略を紹介していました。

大手スーパーでは他のスーパーとどっちが安いかというチキンレースをやっていますが、中堅や小さいスーパーは同じことをしたら潰れてしまいます。

それで、仕入れの市場できゅうりが大量に安ければ、100箱購入して独自の安売りや、タイムサービス、夕方6時で閉めて電気代などのコスト削減や人件費削減する努力をされていました。

ウチの地区みたく年中無休、24時間営業でマックスバリューが至る所にあればお互い潰し合いになります。

前も書きましたが、ちょっと高いけれどスーパーあおきの独り勝ちかも。

口コミ

今日も新患さんが3人いらっしゃいました。

そのうちの2人の子供さんはウチの患者さんの口コミです。

舌小帯短縮症による空隙歯列弓になっています。

簡単に言うと、舌の力が強すぎて、唇の力が弱いということです。

そのために歯が倒れて、隙間が開いてしまっています。

治療方法は舌小帯切除手術とパタカラです。

もう1人の患者さんは昔からのパターンで、矯正に来ている子供さんのお父さんです。

このパターンは昔からのウチのスタイルです。

新患さんのペースがとても速いです。

日吉本町

今日は次男の引っ越し2日目です。

昨日は横浜インターを出て、保土ヶ谷バイパスに入り、横浜新道から第3京浜で都築インターを出て、綱島経由で日吉本町に着きました。

地図をよく見ると、横浜でなく横浜青葉インターをおりて、246号に入って、あざみのと逆方向に行けば日吉本町に簡単に出れることが分かり、今朝は早速チャレンジしてみました。

すると本当に早かったです。

わざわざ混んでいる保土ヶ谷バイパスを通らなかったので早く着きました。

もっと速く気がつけばよかったです。

日吉本町のアパートに着いて荷物を降ろして、机や家具は妻と次男に組み立てを任せて、私は腰痛が再発したので横になっていました。

時折、起きて段ボールを車に運んで行きました。

日吉本町は地下鉄グリーンラインで駅の周りは住宅地で、レストランや食堂もあまりないところです。

オーケーホームセンターはあるんですが、何にもないとこです。

当然、隣の住人も分からないので不思議な世界です。

ウチの周りはあそこのおじいちゃんが亡くなったとか、どこどこの子が結婚して子供ができたという話は瞬く間に広がります。

でもウチの前のアパートのように入れ替わり立ち替わりが早いと、誰が住んでいるのか分かりません。

横浜まで1,350円でした

横浜の日吉に次男の引っ越しに行ってきました。

先週から土日ETC1,000円のためなのか、東名高速はすぐに自然渋滞。

追い越したら、走行車線に戻らなければならないのに、自分の前に車がいないのにずっと80キロで渋滞の元になっていることが気がついていません。

パッシングしても何のことだかわからないようです。

厚木~横浜間でも同じ現象。

疲れました。

運転が下手なんだから無理に土日に出ない方がいいと思うんですが。

気のせいか行きも帰りも事故が多かった気がします。

ベビーカー

新幹線で本当はいけないのですが、グリーン車を通り抜けさせてもらっていますが、若い夫婦でベビーカーを自分の座席の隣の通路に置いていらっしゃいます。

抱っこしないんですね。

ウチの子が小さい時はリュック見たいものを私が担ぎ、その中に子供を入れて移動していました。

おんぶひもでおんぶされているお母さんを見るのも少なくなってきています。

これだけベビーカーが普及していれば仕方がないのかもしれませんが、スキンシップが無いように思うのは私だけでしょうか?

おんぶしたり、抱っこしたりして親のぬくもりが感じると思っていましたが残念です。

ベビーカーに乗っていて歩かなければ、将来体がおかしくなる感じはします。

ベビーカーが老人の車椅子に見えるのは私だけでしょうか?

P.S. ブランディング歯医者も続けています。

http://blog.livedoor.jp/ideshika/

ごみの分別

4月から富士市はごみの分別をしっかりやるようになりました。

ということで昨日が初日。

えーっ、すくねぇー。

様子見で出さなかったのか、もしくは3月30日月曜日に分別前にまとめて出してしまったのかもしれませんし、今まで燃えるゴミだったのを、リサイクル可能なごみを分けることによってかなりゴミ自体が減ったのかもしれません。

以前に比べて面倒くさくなりましたが、一人一人がもっと前からやっていたらよかったかもしれませんね。

P.S.  ブランディング歯医者も続けています。

http://blog.livedoor.jp/ideshika/

富士山の夜景

Dsc02225

今朝は凄い風が吹いていて、強い冬型の気圧配置なので、今年雪を被った最後の富士山を撮影してきました。

撮影場所は第2東名高原山トンネルの茶畑の上です。

暗くなってきたので、シャッタースピードが遅いので手ぶれになっています。

今週チャンスがあればもう一度撮影してきたいですね。

左隅の照明はジュビロ磐田のGK川口能活選手の母校のグランド照明です。

WBC症候群

WBCが終わってから何か気が抜けていませんか?

なんかダルイ感じで、あの韓国戦は何だったんだろうと。

無理やり現実に戻されている感じです。

世間では原監督が理想像とか無理やりこじつけていますが、勝ったから言えることで負けたらどうなっていたでしょう?

星野監督の時も最初は上司にしたいNO.1だったような気がします。

こういう時の評価は難しいと思います。

サッカーもそうですが、日本のスポーツは肝心なポストに外人を入れています。

FW、MF、DFと各一人ずつ。

野球は4番バッターです。

こういう体質を変えないといつまでたっても世界に通用しません。

アトピー治る

昨日いらっしゃった新患さんが、「先生の所を紹介してくれた○○さんのお子さんが、舌の筋をを切ってアトピーが治ったと喜んでいましたよ。」といきなりユニットに座るとおっしゃいました。

「そうでしたか。よかったです。」と返事をさせていただきました。

口呼吸をしているとウィルスや細菌が扁桃腺につきやすくなり、炎症を起こし腫れあがり、中には排膿している場合もあります。

そのために免疫機能が異常を起こし、アトピーやアレルギー反応を起こすようになります。

口呼吸の原因は舌小帯が短いために舌が動けず肥大化していきます。

そのため口でしか息ができなくなり、鼻呼吸は完全にできなくなります。

舌小帯を切ってあげることによって、舌の可動範囲も大きくなり、パタカラとブリーズライトとお風呂で鼻の下までお湯につかり、湯気で鼻が通りやすくなっていますから鼻深呼吸を50回やってもらえれば鼻呼吸に戻っていきます。

そのことによって鼻呼吸になればアトピー、アレルギー、花粉症は治るはずです。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ