« メール予約 | トップページ | 疲れました »

人生が二度あれば

TBSのドラマで「女タクシードライバーの事件日誌4」の挿入歌で井上陽水の「人生が二度あれば」がかかっていました。

父は今年二月で 六十五
顔のシワはふえて ゆくばかり
仕事に追われ
このごろやっと ゆとりが出来た
父の湯飲み茶碗は 欠けている
それにお茶を入れて 飲んでいる
湯飲みに写る
自分の顔を じっと見ている
人生が二度あれば
この人生が二度あれば

母は今年九月で 六十四
子供だけの為に 年とった
母の細い手
つけもの石を 持ち上げている
そんな母を見てると 人生が
だれの為にあるのか わからない
子供を育て
家族の為に 年老いた母
人生が二度あれば
この人生が二度あれば

父と母がこたつで お茶を飲み
若い頃の事を 話し合う
想い出してる
夢見るように 夢見るように
人生が二度あれば
この人生が二度あれば
人生が二度あれば
この人生が二度あれば
この人生が

次男は4月には東京の大学にいき、妻と三男の三人暮らしが始まります。

子供はどんどん巣立っていきます。

この不景気では地元の富士市に子供たちは就職で戻ってこないと思います。

なんかさびしいかな?

この「人生が二度あれば」と同じく65歳には歯医者をリタイヤして、畑仕事をやっているかも。

« メール予約 | トップページ | 疲れました »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/44296638

この記事へのトラックバック一覧です: 人生が二度あれば:

« メール予約 | トップページ | 疲れました »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ