« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

高速道路ETCで1,000円

3月28日から高速道路がETC搭載車だけ1,000円になりました。

昨日、関東地方の方から舌小帯の相談の電話がありましたが、以前は遠いから横浜の水谷先生を紹介していましたが、東名で往復でも2,000円でウチの歯科医院まで来れちゃうんですよね。

これってスゴイことだと思います。

レーザーや電気メスで切りっぱなしのお医者さんの所に行かなくても大丈夫です。

富士インターまで東京からでも1時間半で来れます。

メール診断もやっていますからお気軽にどうぞ。

akikuni@tokai.or.jp

めざましテレビの桜中継

今朝は珍しく早起きして、ボーッとテレビを見ていたら、フジテレビの目ざましテレビの桜中継でなんと「富士市の岩本山公園」からやっているじゃあありませんか。

岩本山公園は家から車で10分のところなので、今から行けば中継に映ることができるかもしれない。

うーーん、まだ腰が痛いから車の運転はむりかなぁ?

岩本山から富士山が映していましたが、もう春霞でボヤーッとしていました。

そこからパーンして駿河湾の方を映していましたが、やはりはっきり見えませんでした。

そうなんです、この時期は富士山ははっきりとみえないんです。

低気圧が通り過ぎた次の日は冬型になるのできれいに富士山が見えますが、春になるともう見えません。

次にはっきり見えるのは、梅雨明けですね。

スーパー銭湯

昨日から坐骨神経痛がひどくなり、今日予定していた次男の引っ越しも妻と次男が新幹線で行き、形ばかりの引っ越しをしてきました。

私は湿布を貼って午前中は寝ていたんですが、親戚が入学祝を持ってきたり、佐川急便がDVDを持ってきたりで熟睡できませんでした。

午後2時半に近くのスーパー銭湯に行き、ジェット水流が出て腰掛けるタイプの風呂で、足の裏と腰に当たるタイプのところが空いていたので30分ほどずっとあてていました。

日曜日の午後なので家族連れが多く、小さい子が奇声を発しながら走り回っていましたが、すぐ後ろに親がいたために誰も注意しませんでした。

親がちゃんと注意しないと誰が教えるんでしょう。

おかげで痛みが和らいできたので、風呂を出て、サウナに5分入ってから出ました。

風呂上がりはやっぱりコーヒー牛乳かフルーツ牛乳ですけど、びんはコーヒー牛乳しかなかったのでそれでしめました。

このスーパー銭湯は食事ができないので、ロビーに残っている人はあまりいません。

いてもマッサージを受けている人が1人だけです。

いつかこのマッサージを受けてみたいです。

常識

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000563-yom-soci

中1生徒11人が担任で妊娠中の女性教師を「流産させる会」を作り、給食に異物を混ぜたものだそうです。

注意で終わっていますが、もし生まれてきた子供さんに何かあったらどう責任取るんでしょう?

殺人未遂ととられてもおかしくない犯罪です。

子供のちょっとしたいたずらで片づけていいものではないと思います。

以前矯正で来ていただいているお母さんから、「私が歯ブラシをしっかりやりなさいと毎日言っているんですが、ちっとも言うことを聞いてくれないので、先生の方から言ってください。」と言われたことがあります。

親の言うことを聞かないものを他人の私の言うことを聞くはずないじゃあなの?

親の教育かな?

偉そうにいっている私も自分の子が、昼休みに同級生が席を外したすきにラーメンを仲間と食べてしまい、妻が担任に呼ばれた経験があります。

儲かる話は人には教えない

儲かる話は人には絶対に教えません。

例え教えても自分しかできませんので、その教えられた人は結果的にできません。

またやったもん勝ちなので、いかに人より先にやるかだと思います。

昨日の金森重樹さんの話もできそうでできない部分ですね。

不動産投資にしても、今まで不動産に縁のない人が明日からバリバリできるはずがありません。

自分の得意分野で勝負することが大事です。

だから私の舌小帯も同じことが言えると確信しました。

ブランディングですね。

ああ、そうだブランディング歯医者も最近書き忘れていました。

毒を以て毒を制す

「毒を以て毒を制す」というのは金森重樹さんの著書の「お金の味」の中の一節に書かれている言葉です。

おかね、あまいか、すっぱいか・・・

25歳で1億2千万円の借金をまた借金をして返すという発想がスゴイですが、今の私にはできないと思う。

セミナー講師をやられていた歯医者さんが、1億円の借金をされてリニューアルされていたり、都内に豪邸を建てたり、2億円の借金をまたしているとも聞きます。

50歳を過ぎた私には、億という金額が天文学的数字にしか思えません。

ウチも開業して24年目ですが、6年前に診療室だけ改装しました。

同じ敷地内にもう一度歯科医院を建て直す度胸がありません。

もう一度金森さんのセミナーを聞けば勇気が湧くかもしれないかな?

スタアの恋

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090325-00000000-oric-ent

何か一方的に陣内さんが浮気して悪いと書かれていますが、浮気をされる方もどうなんでしょうか?

結婚後の方が仕事が逆に増えている気がしました。

確かに格差婚と言われていましたが、何のために結婚するのかを考えたら少し仕事を減らすか、引退するのが本当だと思います。

山口百恵さんだってそうだったじゃありませんか。

それを東京と大坂で別々に生活するのはどうかと・・・

まるでフジテレビの藤原紀香主演の「スタアの恋」のヒカル子さんとダブって見えるのはわたしだけでしょうか?

http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/star/index_frame.html

普通の診療

昨日は先週の春分の日が金曜日だったので、その患者さんが月曜日にスライドしてしまい、元々月曜日の患者さんと一緒になったために93人いらっしゃいました。

今日はいつもの火曜日の患者さんだったので70人でした。

この頃は1日に100人の患者さんはいらっしゃいませんが、月曜日は流石に疲れました。

それと子供さんたちが春休みに入っていますからそれも多かった理由かも知れません。

体が慣れているので今日ぐらいがいいですね。

舌小帯の話

「舌小帯のはなし」という小冊子を作成中です。

これで耳鼻咽喉科の間違った舌小帯切除と上唇小帯切除の話を載せる予定でいます。

以前は、アデノイドの切除をせずに大人になるまで様子を見ましょうという小児科医の先生がいましたが、今はアデノイドで睡眠時無呼吸症になるということで、切除してしまうようです。

一説では免疫をつかさどっている扁桃腺を切ってしまうので、白血病になるとか、気管支に直接ウィルス感染してしまうという危惧する声もあります。

因果関係ははっきりしていませんがどんなもんでしょうか・

そういうことも含めて知られていない舌小帯のことをかいていこうと思っています。

3月22日日曜日舌小帯切除手術無事終了

今日の舌小帯切除手術と上唇小帯切除手術と親知らずの抜歯は無事終了しました。

次回は4月26日日曜日の午前中です。

ゴールデンウィーク前ですので、早めにご予約お願いします。

舌小帯切除後の訓練装置タントレくんはタングスプリントに移行しました。

舌小帯は切りっぱなしではすぐに癒着してしまします。

それを防止するにはタングスプリントしかありません。

他の医院で舌小帯切除された方もご相談ください。

詳しくは院長にお問い合わせください。

http://blog.livedoor.jp/idedentalclinic/

歯医者の将来

私の母校の神奈川歯科大学には付属の歯科衛生士と歯科技工士の短大があるんですが、年々入学者が減ってきているそうです。

神奈川歯科大学も昨年歯医者はワーキングプアの仲間入りということで募集人員ギリギリということらしいです。

歯医者、歯科衛生士、歯科技工士に夢が無くなってしまったのが原因かな?

これぞ歯医者っていう歯医者がいなくなったこと。

歯科衛生士の夢が無くなってしまった。

歯科技工士は保険点数の引き下げでもろに食らっちゃいました。

技工士はもう院内技工は少なくなっているし、CADCUMが普及され始めました。

ちなみに歯科衛生士は今平均で0.9人しか歯科医院にいません。

これをなんとかしないと10年後に歯科衛生士、技工士がゼロという時代になります。

いなくなってからでは遅いです。

営業時間短縮

Dsc02236a

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090321-00000511-san-bus_all

イトーヨーカ堂が、4月1日から一部の店舗で営業時間を短縮し、閉店時刻を1時間早めるそうです。

まあ、当り前と言えば当たり前かな。

夜遅くわざわざ買いに来ることもないと思います。

それよりも人件費や光熱費を削減した方が頭がいいです。

昨日の小まんじゅうのように売り切れたら店を閉めるこれが鉄則ですね。

24時間やっているマックスバリューに昨日行きましたが、品物の酷さにがっかり。

これでは、すぐ近くのスーパーあおきの方が少し高めですが、品揃えはいいです。

年中無休がいいわけではありません。

富士川町の小まんじゅう

お彼岸なので昨年亡くなった伯母の墓参りに由比まで行きました。

途中旧国道1号線の富士川町を通るのですが、松風堂の前には行列ができていました。

松風堂の小まんじゅうは昔から有名で、とてもおいしく一口サイズで何個でも食べられます。

すぐに売り切れて大体午前中で店じまいになります。

こういうブランド作りはとても素晴らしいです。

在庫を抱えない、売り切れたら終わり、数の限定、早くいかないと売り切れ、だから食べたい。

こういう商売のやり方はとても大好きです。

見習わなくちゃあ!

テニスのバックハンド

テニススクールで一番嫌なのが、バックハンドのスライスです。

バドミントンもずっとやってきていたので、コーチに理由を聞くとスイングが早いらしい。

「ふんっ!」とボールを思いっきり本当にスライスするようです。

自分ではゆっくり振っているつもりがやはり早いらしいです。

昔はスライスでなく、ワンハンドでバックハンドは打っていたのですが、いつの間にか上手くできないダブルハンドになっていなす。

こういうのも原因かもしれません。

こういうときは自分のスイングのビデオを本当は見れば気づくのですが、それは無理です。

プライベートレッスンも受けてみようかな?

コーチングセミナー

最近、コーチングのセミナーに参加しなくなっていました。

恐らく、自分の歯科医院のコーチングの見積もりをお願いしてあまりにも高額だったので、すっかり遠のいてしまいました。

今も月2回別のコーチにコーチングしていただいていますが、自分自身上手くいっていません。

どうしてもスタッフ教育を他力本願にしてしまうためです。

明日面接にくる歯科衛生士には、自分の夢を1時間ぐらい語るだけにしようと思っています。

どういう歯科医院を目指しているのかを分かってもらうつもりです。

それでも来てくれるというのであれば、今度は付きっきりで教えていきたいですね。

ファミリーマート天間店閉店

ファミリーマートの天間店が先週その前を通ったら閉まっていました。

先月久しぶりに入ったら、いきなり警官の写真の立て看板。

何なの?この店?

強盗に入られたのかなあ?

本とか、商品の棚の一部が空いている。

すぐ下にローソンができたから売り上げが落ちたのかなあ?

これは潰れるとピンときました。

お店が潰れるってこんな感じなんですね。

コンビニが潰れる時は近くに新店舗ができた時が多いです。

とくに私の住んでいるところではこのパターンが多いです。

1日1回セブンイレブンに行かないと気が済まないセブンイレブン病の私は、深夜12時半に次の日の発売の雑誌を購入してきます。

今夜はマガサンです。

舌小帯切除後のフォロー

明日の夕方、関東地方から舌小帯切除手術を地元で受けられてからその足でウチにいらっしゃる方がいます。

通常、どこで舌小帯切除手術をやられても切りっぱなしで後のフォローがありません。

ウチでは、タングスプリントとパタカラをお渡しします。

タングスプリントは舌を上に置くスプリントでウチの技工士に頼んで開発してもらいました。

この効果は舌小帯切除後の癒着を防止します。

睡眠時無呼吸症にも効果がありますので、お困りの方は是非ご相談ください。

この方もメールに舌の写真添付されて土曜日にいただきました。

第2東名の工事3

Dsc02238a

第2東名の工事が最後のJR東海の身延線の上の工事だけになりました。

一昨年、この手前に東洋インキが昔埋めたダイオキシンが発見されて工事が中断していましたが、ここにきて急ピッチに進むようになりました。

この撮影場所は高原山といってもそんなに高くない山のトンネルの上から撮影していますが、富士山が一望できて景色がとてもいいところです。

写真の下に写っているのは茶畑です。

この高原山には一昨年NHKのドラマの山本勘助の生家があり、この撮影場所に行くには勘助坂を登らなければいけません。

勘助坂は軽自動車がやっと通れるぐらいの狭い道なので、私はいつも下に車を置いて歩いて登っています。

殆ど人がいない山道なのでカラスと山鳥の鳴き声がしかしない寂しいところです。

今日も軽自動車が1台下りてきたぐらいで、誰にもすれ違いませんでした。

これで第2東名が開通したらスゴイ景色になると思います。

ただ、この第2東名は地上35mの橋の上を通っているので、すぐ下に住まわれている方は富士山が自宅から見えなくなっています。

この第2東名の高原トンネルを抜けると目の前に富士山が見えるので、事故多発地区にならないことを望みます。

舌小帯短縮症のメール写真診断

舌小帯短縮症のメールによる写真診断の依頼が関東地方の方で先程ありまして、早速診断させていただきまして返信いたしました。

一昨日も舌小帯についての相談で今度の土曜日に兄弟で予約入っているようですが、徐々に増えてきています。

舌を出した状態と上にあげた状態の2ポーズで結構ですから、メールで写真が送っていただけると遠隔地の方でも診断は可能なのでお待ちしております。

今、リニューアル中のホームページに画像診断を設置も検討中です。

スタッフ教育

以前、病院の受付をしていた方に助っ人に来ていただき、受付をやっていただきました。

前の病院できちっと教育されていたみたいで、電話はワンコールでとるし、コンピューターもメーカーからインストラクターに東京から来てもらいましたが、すぐに理解してしまったようでとても助かりました。

歯科の独特の予約はどう入れていいのかわからないせいか無理でしたが、大体そつなくこなしてくれました。

受付の応対もとても上手だし、かなり教育されたんだなあと感じました。

言い勉強になりました。

後、何回か来てもらえるのでいろいろ聞いてみる予定です。

ニュースJAPAN虫歯治療の知られざる世界

フジテレビのニュースJAPANで「虫歯治療の知られざる世界」なんていうのをついつい見ちゃいました。

銀歯の治療が悪く、レジン(プラスティック)を虫歯につめましょうというものでした。

バカバカしい話です。

レジンはちょっと前まで環境ホルモンなので気をつけろと言われていたじゃあないですか。

銀歯は口の外で調整して研磨もできますが、レジンは研磨がとても難しいです。

つめた時に予め溝を付けることも可能ですが、研磨がとても大変です。

テレビでやっていたマイクロスコープで見ながら治療すれば大赤字です。

それに歯髄(神経)に刺激が強いために壊死や壊疽を起こして腫れてしまいます。

何か銀歯にするときに歯を大きく削るということを話していましたが、それは歯医者の腕によります。

ベテランの歯医者ではそんなことをしませんが、ペーパー歯医者(大学時代に患者さんの治療をしたことのない歯医者)にしてみれば難しいことだと思います。

技工士のインタビューがわざとらしかったです。

ウチではレジンを技工士に作ってもらって入れるケースが多いです。

あまりにも虫歯が大きければ銀歯の方がいい場合もあります。

だからケースバイケースです。

結婚前

結婚前に妻に受付をやってもらい、将来従業員がいない時に受付に立てる様にしておいたのが今役に立っています。

当時は歯医者の奥さんが受付にいると従業員が嫌がるとか言われて、受付をさせない歯医者も多かったです。

中には行儀を教えたり、お花を教えたりして給料から天引きする歯医者の奥さんもいました。

当時はなんてひどいと思いましたが、今考えると花嫁修業と同じだったんですね。

結婚しても恥ずかしくないようにという親心だったのかもしれません。

今はインターネットや口コミで患者さんがいらっしゃっていただいているので多少お待たせしていますが、何とか努力していきます。

疲れました

子供の卒業式が終わるのが自分が予定していた時間と1時間ずれてしまい、また久しぶりに行く三島駅は以前とかなり道が変わっていました。

ギリギリで焦っていたせいもあり、道を曲がり損ねて結構三島駅から遠い駐車場に入れたところに新幹線が来てしまいました。

ひかり号の通過で5分ぐらい停車しているから間に合いそうでしたが、駐車場がかなり駅から遠いのでもう一度駅から近い駐車場に入れなおしました。

急いで駅に行くともう発車してしまいました。

仕方なく30分駅で待ち、次の新幹線に乗りました。

それでかなり当初の予定が狂い、もうすぐ東京駅というところで携帯に電話が鳴り、出てみると3時から私が面談していただくとばかり思っていたスタッフの方からでした。

面談時間は1時からだったんです。

がーーーん!

面談は後日にしていただき、発表を見て帰ってきました。

もう一頑張りするように子供に言いました。

人生が二度あれば

TBSのドラマで「女タクシードライバーの事件日誌4」の挿入歌で井上陽水の「人生が二度あれば」がかかっていました。

父は今年二月で 六十五
顔のシワはふえて ゆくばかり
仕事に追われ
このごろやっと ゆとりが出来た
父の湯飲み茶碗は 欠けている
それにお茶を入れて 飲んでいる
湯飲みに写る
自分の顔を じっと見ている
人生が二度あれば
この人生が二度あれば

母は今年九月で 六十四
子供だけの為に 年とった
母の細い手
つけもの石を 持ち上げている
そんな母を見てると 人生が
だれの為にあるのか わからない
子供を育て
家族の為に 年老いた母
人生が二度あれば
この人生が二度あれば

父と母がこたつで お茶を飲み
若い頃の事を 話し合う
想い出してる
夢見るように 夢見るように
人生が二度あれば
この人生が二度あれば
人生が二度あれば
この人生が二度あれば
この人生が

次男は4月には東京の大学にいき、妻と三男の三人暮らしが始まります。

子供はどんどん巣立っていきます。

この不景気では地元の富士市に子供たちは就職で戻ってこないと思います。

なんかさびしいかな?

この「人生が二度あれば」と同じく65歳には歯医者をリタイヤして、畑仕事をやっているかも。

メール予約

メール予約を長男ができるようにしてくれていたのをすっかり忘れていて、久しぶりに受信メールを見てビックリ。

予約を入れてくださっている方がいました。

遅くなった方にはこちらからメールをお送りしましたのでご確認ください。

既に電話予約を入れて来られている方もいらっしゃいますが申し訳ありませんでした。

内科

私が最初糖尿病で通っていた内科は看護師さんが気さくな人で、採血の前に、「歯医者さんは今忙しい?」「土曜日は午後もやっているの?」とかよく話しかけてきてくれました。

先生はというと余分なことは一切話しません。

それが一昨年、アマリールで効かなくなり、Alc1が12以上だったので市立病院送りにされてしまいました。

それで市立病院に行っても毎月医者が代わり、言っていることが一人一人違う。

誰を信じていいのやら?

そこで近所の方が通っていて、糖尿病治療でいい病院があるということでそこの病院に通い始めたのですが、看護師さんも話しかけてくるわけでもないし、先生も治療以外の話もしません。

薬も今も同じくアマリール。

昨年はずっと下がらなかった血糖値も今はAlc1が7.5です。

Alc1が12.6から7.5にどうして下がったのかその理由が分かりません。

体重は5kgリバウンドしているのにです。

うーーん、分かりません。

脱輪

ウチの前の道路はとても狭く、井出歯科医院の看板付近は最も道幅が狭いです。

開業当初は看板やカーブミラーを引っかけていくトラックがいましたが、最近は手前にポールを立ててあるためか事故がありません。

その代りにウチの上の所では昔からのお屋敷があり、立派な門と塀でおおわれていて、その下に側溝があるんですが、蓋がされていません。

鷹岡は製紙の町なので、10トントラックが頻繁に所狭し通ります。

そのためにすれ違う時は乗用車が一旦停止して通さなければなりません。

すれ違う場所を知らない人は脱輪してしまいます。

そう今日のお昼に合った脱輪事故はまさにその事故でした。

左側の車輪が前後側溝に落ちて車体が左に傾いていました。

塀が石でできているので蓋をすることは不可能だと思います。

道路の道幅を広げるのも無理みたいです。

すごい交通量ですが改善策がありません。

すっきりした!

東京でフリーランスでやられている歯科衛生士のSさんのセミナーを昨年の暮に新潟まで行って聞いてきました。

Sさんの契約している歯医者には固定客が付いていて、Sさんじゃあなければという患者さんばかりです。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)がとても上手なようです。

でも昔は私のとこの歯科衛生士も患者さんに「気持ちよかったぁ!すっきりしたぁ!」とよく言われていました。

偶然、歯科衛生士を一番褒めていた患者さんに聞くことができました。

「キリキリっていう音のやつはやらなくて、1本1本丁寧に歯ブラシと歯間ブラシで磨かれると本当に気持ちがいいのよ。それと自信を持っていたわ。」ということでした。

もしかすると超音波スケーラーが原因と思い、歯ブラシと歯間ブラシにチェンジしてもらいました。

するとどうでしょう。

すぐに効果でて、ブラッシングが終わった患者さんがいきなり大きい声で、「すっきりしたよ!すっきりした。」と叫ぶじゃあないですか。

患者さんは超音波スケーラーで歯石を取られることがやっぱり嫌いなんです。

超音波スケーラーのチップの鈍化もあったかもしれませんが、音で痛くなってしまっているのかもしれません。

こんな簡単なことだったんですね。

あたりまえ

次男と三男は秀英予備校に通っています。

行きは妻が送り、10時過ぎに私が車で迎えに行きます。

2人とも車に乗るときは必ず「お願いします。」家に着いて車から降りる時は「ありがとうございました。」と言います。

私は迎えに行き始めたころに、「俺やお母さんやよその友達のお母さんに送ってもらうときもあるから、そういう時に恥をかかないように普段から言いなさい。」と言いました。

また、こういうことは子供だから言わなくていいということではありません。

人としての常識だからです。

それを教えるのは親の仕事です。

それを2人とも今でも必ず言います。

塾の送り迎えなんて親として当たり前なのかもしれませんが、当り前ではないんです。

ウチの3人の子供は年も離れているせいか、喧嘩をしたことが無いし、ゲームの取り合いも無し、唯一あったのは長男と私の志望大学のことで私が一方的に怒鳴り散らしたことだけです。

次男は大学受験が迫った2月には、10時過ぎても来なくて、心配になり予備校の前に車を停めるとまだ友達と何かやっていて、10時45分にやっと出てきました。

その時も、「英語の訳を今日中に出さないといけなかったので、遅くなってすいませんでした。」と言って車に乗り込んできました。

こういう風に言われると約1時間も待たされても悪い気はしません。

先程も三男を数学の塾においてきましたが、車に乗るときは「お願いします。」降りる時は「ありがとうございました。」を言っていきました。

立ち日

昨日、3月2日は父の立ち日でした。

もう4年経ちます。

朝、母に「そっちに合わせるからお寺に行く時は言って。」と言われました。

ああ、そうか今日か。

バチあたりなので、父の墓参りは殆ど行きません。

理由は生前親孝行の真似ごとをさせてもらったからです。

お墓に入ったらもう私には何もできません。

私と違って兄はよく墓参りに行きます。

「たまには墓参りに行けよ。」と言われますが、行きませんでした。

父とゴルフも結構回ったし、私の子供の面倒もよく見てもらいました。

亡くなる3日前にも病院泊まりで看病したし、自分なりによくしたかな?

真逆

世の中100年に一度ある世界的不景気と言われていて、どこも赤字や倒産が相次いでいます。

でも反面、儲かっているところがあるわけですよね。

それを突き止めていかないとジャブジャブ資金援助しても無駄な努力になる感じが素人ながらしています。

張本人のアメリカは金融政策でそれこそジャブジャブ・・・資金援助していますが、その国債を中国が買うのを拒否しているのに麻生さんは約束してきてしまったんでしょうね。

本来はアメリカ発なのでアメリカこそこの原因追求と打開策を出さなければならないのに「チェンジ」という言葉のマジックにかかってしまっています。

それこそ金融面でチェンジが必要になっていると思います。

それとホンダのインサイトの受注が3倍になっていることがヒントです。

それをトヨタが勘違いして新型プリウスを受注なしに増産すればまた同じ轍をふむことになります。

IQも受注生産の方がいいのにね。

舌小帯と上唇小帯の問い合わせ

木曜日に代休をとって、東京の赤坂に経営塾の面談に行っている間に電話で舌小帯と上唇小帯の問い合わせがあったそうです。

3歳児検診で紹介されたそうです。

詳しいことは分かりませんが、ありがたいことです。

そういう相談のためにも早くホームページをリニューアルする予定です。

そのために今日は東京の大型電気店に行って、ホームページ作成に必要なフォントを購入に行きましたが、ありませんでした。

フォントは既成のものでは粗く、きれいな文字でないからです。

ネット購入する予定です。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ