« 保健協議会 | トップページ | WEB予約 »

保健協議会2

前歯の歯折・脱臼

Img043

冬にポケットに手を入れたまま転んだり、縄跳びの紐足に絡まったり、椅子の上にいて押されて落っこちたり、雑巾がけをしていて前歯を折ったり、脱臼して歯が抜ける子供さんが増えています。これは昔と違って瞬時に手を出すという反射が退化しているからです。理由は、ハイハイをあまりさせないで歩行器で歩かせたり、早く歩くと頭が良くなるとか、ベビーカーに乗せ過ぎのためと思われます。予防策は普段から腕立て伏せや手押し車を家や体育の授業でやることをお勧めします。また、学校では上級生と下級生の出会い頭の衝突で下級生の頭が上級生の前歯に当たり、歯が欠けたり、折れたり、抜けたりする事故が多発しています。傷害保険に入っておくことをお勧めします。抜けた歯は牛乳は異種たんぱく質なので浸けずにできたら生理食塩水か水に入れて歯医者に持って行ってください。抜けた歯は中の歯髄を取って薬を入れて、抜けたところに麻酔をして元に戻して、両隣の歯にプラスチックで固定して止めることができます。再着できたら両隣の歯を削って被せる歯で装着します。統計では大体6年ぐらいもつと言われています。

インフルエンザ予防はパタカラとブリーズライト

Img028a

みなさんは口で呼吸しているためにインフルエンザや風邪や花粉症になっています。これは舌小帯が短いために舌が大きくなり、ウィルスや花粉が扁桃腺にくっついて感染してしまい、その結果扁桃腺が腫れて鼻で息ができなくなってしまっています。花粉症も花粉が扁桃腺について炎症を起こし、鼻炎になって余計に口でしか息ができなくなっています。鼻呼吸にするには、舌小帯を切除してからパタカラで毎日3分口を閉じる練習をして、ブリーズライトを鼻につければ治っていきます。またお風呂での簡単な練習で口までお湯につかれば、湯気で鼻呼吸しやすくなります。

パタカラポカーン口にも有効で、反対のかみ合わせの治療にも効果的です。

私も先日、成人病で内科に罹りましたが、待合室では大勢のインフルエンザの患者さんが咳をしている中で鼻呼吸を意識していましたらインフルエンザに罹りませんでした。理屈は鼻呼吸なら鼻毛もありますし、鼻の中は湿気が多く温度も0.1℃高いのでウィルスが死んでしまうと言われています。

舌小帯切除手術

Dsc01362

舌小帯が短いためにいろんな病気があります。

授乳障害…赤ちゃんはおっぱいを飲むのに吸って飲んでいるわけではありません。乳首を引っ張りこんで上顎と舌先でサンドイッチ状態にして飲んでいます。その時に舌小帯が短く上がらないとおっぱいが飲めません。生後すぐの赤ちゃんは県立こども病院で全身麻酔で舌小帯を切ってもらっています。

よだれ…舌小帯が短いために唾液を呑み込むことができません。よだれが多い子は唾液が多く元気に育つと言われていますが、それはありません。

発音障害…「カ」「サ」を発音すると「タ」になり、「ラ」を発音すると「ダ」になってしまいます。世界仰天ニュースで韓国の整形事情の時にお受験のために英語の「R」と「L」の発音のできない子供は5歳ぐらいで舌小帯を切られると紹介されていました。

反対咬合…舌小帯が短いために下の前歯の裏側をいつも押しているので前歯が倒れてしまっています。通常は唇がそれを押し戻して前歯を正常な位置に戻すのですが、口呼吸でポカーン口になっているので戻せません。チンキャップと舌小帯切除手術を受けて3日で反対咬合が治った子供さんもいます。

睡眠時無呼吸症…舌小帯が短いために夜寝ている時に舌の根本が落ちて気道を塞ぎます。そのために寝ていて息が止まります。自覚症状は昼間仕事中に寝てしまいます。治療はスリープレコーダーで測定し、

Dsc02135

睡眠時無呼吸症かどうか診断後、舌小帯切除手術をしていただき、その後にタングスプリントを入れてもらい、パタカラとブリーズライトを装着して練習していただきます。

給食を食べるのが遅い…舌小帯が短いと食べ物をのどの奥に舌が持って行けないのでずっとモグモグしていて次第に満腹中枢が働きお腹がいっぱいになってしまい、残してしまいます。食べる量は少ないので痩せになっています。反対に丸呑みの子供さんは早食いでいつまで経ってもお腹がいっぱいにならないのでダラダラ食べて肥満になります。

アレルギー・アトピー…口呼吸のために扁桃腺にアレルゲンがついて炎症が起こり、扁桃腺が肥大してアデノイドになってしまいます。舌小帯切除してパタカラブリーズライトで口呼吸治療します。

口笛が吹けない…口呼吸のためにポカーン口になっているので、唇の力が弱くなっていて口笛が吹けません。パタカラで練習すれば吹けるようになります。

ソフトクリームが舐められない…コンビニでソフトクリームを購入するとスプーンがついてきます。今のお子さんはソフトクリームを舐められません。当然お皿も舐められません。舌小帯が短いためです。

06 

「ソフトクリームとスプーン」の絵本は

井出歯科医院で無料配布しております。

http://www.ideshika.jp/  でネット配信予定です。

419-0204

静岡県富士市入山瀬2-3-76

医療法人社団 井出歯科医院

0545-71-5725

akikuni@tokai.or.jp

« 保健協議会 | トップページ | WEB予約 »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/43942851

この記事へのトラックバック一覧です: 保健協議会2:

« 保健協議会 | トップページ | WEB予約 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ