« 派遣解雇の次 | トップページ | セレック3 »

NHKドラマ「フルスイング」

NHKのドラマで「フルスイング」の再放送を偶然観ました。

第1話の内容は、30年間プロ野球のバッティングコーチをやっていた58歳の高林は大学の先輩の勧めで福岡の高校で2週間の教員実習を受ける。

生徒や先生からも本気で先生になるつもりのない高林に冷ややかな目で見られる。

そこで高林は生徒の名前や「夢」を覚えるのに生徒の写真を撮り始める。

すると最初は嫌がっていた生徒も高林が生徒の名前と顔が一致し、「夢」も覚えていてくることに心が打ち解けて挙って写真を撮ってもらう生徒が増えてきた。

剣道部の3人の女の子の写真を撮ろうとしたところ、森君だけ高林に心を打ち解けていなかったが、写真が趣味の森君に写真を撮ってもらうことに成功し、本当はカメラマンになりたいのだけれど、卒業後就職して稼いで育ててもらった叔父叔母に学費を返さなければならないことを森君から告げられる。

奥さんから電話で、「セ・リーグからバッティングコーチの話が来ている。」と言われたが断り、4月から同じ高校に先生として赴任しました。

このドラマには3つ大事なことがあります。

1つは夢を持ち続ける大切さ、2つ目は相手から教えて欲しいというタイミング、3つ目は生徒一人一人の名前と夢を覚えておくこと。

特に1つ目の夢をもつことは取っても大事ですね。

« 派遣解雇の次 | トップページ | セレック3 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/43510315

この記事へのトラックバック一覧です: NHKドラマ「フルスイング」:

« 派遣解雇の次 | トップページ | セレック3 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ