« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

チェンジ

今年もあと2時間で終わります。

今年はチェンジの年でした。

よく電話で、「節税対策にマンションどうですか?金の先物取引どうですか?]と診療中かかってきました。

その時の断りの返事は、「そんなに儲かるなら何故自分でやらないの?」です。

結論は、「うまい話、儲け話は人には教えない!」これっていつの時代も変わらない不変の法則です。

野球ではチェンジがありますが、必ず次の回に繋がるプレーをしないと流れが変わりません。

今年は来年に繋がる「いぬぐいくん」の絵本や「睡眠時無呼吸症」や「給食を食べるのが遅い」で種まきはしました。

来年は収穫の年になると信じています。

それでは皆さんよい年をお迎えください。

清原選手の歯

フジテレビのSMAP×SMAPで清原選手が、「暇だったから新庄選手が行っていた歯医者で歯を32本治した。」と言っていました。

確かに八重歯も抜いてブリッジにしていますが、止めた方がよかったかな?

噛みあわせだってくるっているし、顎関節症になっちゃいますよ。

只でさえ腰が悪いんですから、噛みあわせから余計くるいます。

歯医者が余計に歯をダメにしていくいい例です。

腰や膝が悪いのは噛みあわせが原因かもしれませんね。

急患

朝から2件歯が痛くて眠れなかった方と奥が腫れている方から電話がありました。

こういう治療はあまり苦になりませんので別に大丈夫です。

でも夕方、昨日夜に側溝に落ちて、前歯を折れた方が来た時はちょっと大変でした。

まだ根っこが残っているのかレントゲンで確認したところ少しあったので2本取り除き、それから両隣の歯を削って仮歯まで入れなくてはならなかったので、時間が1時間かかってしまいました。

きれいに仕上げようと思い余計力が入ったんですが、そういうときは逆に汚くなってしまいます。

最後は奥の手を使ってきれいにして帰っていただきました。

今年は年末年始が1週間ありますからまだ急患がいらっしゃるかもしれませんね。

ベビーカー

お昼に千葉まで行ってきましたが、新幹線の中や山手線のなかでも赤ちゃんをベビーカーに乗せているママさんが多かったですね。

山手線の中では、ママさんが空いている座席に座り、ベビーカーを持っていました。

おんぶをしたり、抱っこしているママさんは殆ど見なくなりました。

赤ちゃんは母親の心臓の音を聞いて安心すると聞いたことがありますので、もっとおんぶひもでおんぶしている母親がいてもいいと思います。

スキンシップが少ないかも。

サブリミナル効果

先程、テレビでホリエモンが久しぶりに出ていましたが、私と同じことを考えていました。

「不景気、不景気とマスコミで言っていれば、買い控えしてお金が回らなくなって、血液が全身にいきわたらない状態になっている。」

トヨタ、日産の不景気は昨日今日に始まったことではありません。

マーケティングも何も考えずにバンバン車を作ってアメリカに輸出したって売れるわけがありません。

先週のニュースでは今度は小型車を作って、アメリカに輸出しているという話。

アメリカ人は日本人みたく小さくないから、4人乗りのIQに乗れるわけがないです。

アメリカ仕様にしないといけないわけです。

受注生産にもう一度もどることはできないんでしょうか?

舌小帯学会

舌小帯学会を来年立ち上げられるようでしたらやってみたいですね。

耳鼻咽喉科や歯医者がバラバラでやっていますが、切ったあとのフォローが全然できていません。

レーザーでメチャクチャ切っている先生のいますので、正しい切り方をレクチャーしないとマズイかな?

それで土曜日にY先生の所に行き、学会設立ノウハウをお聞きしようと思っています。

来年1月の舌小帯切除手術は見学の先生を募集しようと思っています。

セレック3

今日患者さんが、「先生今はコンピューターがセラミックを削って歯にするんだね。」と唐突に言ってきました。

確かにCADCUMはいろんなメーカーからでていますが、イマイチ普及していません。

削りだしてきたものが白い塊だからかな?

やはりそこで技工士がセラミックの歯を自然な色づけをしないからかもしれません。

価格設定に無理があると思います。

CADCUMは本体は1千万円ぐらい、それにセラミックの棒が5千円ぐらいです。

それを患者さんに3万円~5万円で装着なんですが、毎日そういう患者さんが来てくれないとペイできません。

私も15年前にセレック1を購入しましたが、ダメでした。

本体価格が安くならないとダメでしょう。

NHKドラマ「フルスイング」

NHKのドラマで「フルスイング」の再放送を偶然観ました。

第1話の内容は、30年間プロ野球のバッティングコーチをやっていた58歳の高林は大学の先輩の勧めで福岡の高校で2週間の教員実習を受ける。

生徒や先生からも本気で先生になるつもりのない高林に冷ややかな目で見られる。

そこで高林は生徒の名前や「夢」を覚えるのに生徒の写真を撮り始める。

すると最初は嫌がっていた生徒も高林が生徒の名前と顔が一致し、「夢」も覚えていてくることに心が打ち解けて挙って写真を撮ってもらう生徒が増えてきた。

剣道部の3人の女の子の写真を撮ろうとしたところ、森君だけ高林に心を打ち解けていなかったが、写真が趣味の森君に写真を撮ってもらうことに成功し、本当はカメラマンになりたいのだけれど、卒業後就職して稼いで育ててもらった叔父叔母に学費を返さなければならないことを森君から告げられる。

奥さんから電話で、「セ・リーグからバッティングコーチの話が来ている。」と言われたが断り、4月から同じ高校に先生として赴任しました。

このドラマには3つ大事なことがあります。

1つは夢を持ち続ける大切さ、2つ目は相手から教えて欲しいというタイミング、3つ目は生徒一人一人の名前と夢を覚えておくこと。

特に1つ目の夢をもつことは取っても大事ですね。

派遣解雇の次

派遣解雇が来年3月に全て終わり、正社員しか会社に残っていません。

その後は、リストラの嵐です。

なぜこんなことになってしまったんでしょう?

ヒントはセブンイレブンにあります。

セブンイレブンはどこのスーパーでもやっているPOSシステムです。

レジ打ちで必ず水色が男、ピンクが女の年齢層を店員が打ち込みます。

それによって、商品管理を完璧にしています。

例えば、今朝は昨夜の雨だったですが上がって温度が20度、それからだんだん温度が急激に下がり10度ぐらいになりました。

すると朝は暖かいものは売れないで、冷たいものが売れます。

夕方は逆に温かいものが売れます。

飛び石連休と早い学校はもう冬休み。

そういういろんな条件からお弁当やパンやおでんの量を考えなければなりません。

それも統計をとっているので比較的楽にできます。

そうすれば無駄なものを頼んで売れ残ることがありません。

例え売れ残ってもサービスくじで在庫一掃できます。

こうして売れるものしかお店には置いてありません。

なぜ製造業はこういう考えがなかったんでしょう?

バンバン車を作ってアメリカに輸出しても買い手がちゃんといればいいのですが、生産が世界一と今年のはじめ紹介されていましたが、それでは単なるバカです。

慌てて生産台数を減らしても後の祭りです。

受注生産を基本にしていけばこんなことはなかったと思います。

なんとか式経営法とか言う前に商売の基本を守らなくっちゃあ。

角松作り2

昨年従兄弟の玄関を飾っていたミニ角松を今年は知り合いの方に差し上げるのに朝早く従兄弟の家に行ってきました。

竹の節をうまく使って土台にしてあり、畳の茣蓙を1枚巻いてありました。

その中に砂を入れて小さく細い竹3本をさして、松や梅や笹も周りにさすだけになっていました。

これだと簡単です。

そのあと、昨日切りだした竹をはとこが電動のこぎりで大きさを揃えて、斜めに切ってくれて、竹林のお宅のおじさんに針金でとめてもらい、縄も結んでもらいました。

針金のとめかたも難しく、ましてや縄はもっと難しかったです。

来年こそそれを教わらないといつまでも頼ってしまいます。

頑張って覚えるつもりです。

角松作り

昨年の暮に角松を従兄弟に代わり知り合いの方と作りましたが、今年は一人で作成することになりました。

それで明日雨が降るということで一人で竹の切り出しにのこぎりを持って行ってきました。

竹林に入るとどれもいい竹に見えるんですが、根元に皮が付いていて節々に白い粉がふいていて白っぽいのが今年の竹のようなので、まず1本選びました。

それから崖側からのこぎりの歯を入れて切り始めて、全部切れると丈は一瞬パッと動きます。

ちょっとビビりますが、上の方で笹が隣の竹と重なっているのでこういう現象が起きるのかもしれません。

切れた根っこの付近を持って、崖側に竹を持っていきます。

そして上の笹の部分をのこぎりでまた切って2つに分けます。

そして太い方の竹を下まで運んでいきます。

一人でやると本当に大変です。

ふと竹の下敷きになっても誰も助けに来てくれませんので慎重に運びました。

残った笹の部分は鉈を持っていかなかったのでそのまま置いてきましたので明日切ってきます。

明日は竹を1本を3本に切って、電動のこぎりで斜めにカットしてもらいます。

縄と菰は去年使った残りを分けてもらいます。

後は熊笹と松と梅を用意します。

完成までまだまだです。

3歳児検診と舌小帯

3歳児検診で舌小帯の短い子供さんをかなり見つけましたが、チェックはしませんでした。

理由はウチしか舌小帯を切ることができないからです。

自分の歯科医院の宣伝になるとまずいからです。

検診をしていても口呼吸で苦しそうな子供さんが多かったですが、小児科の先生がいてもそのチェックはありません。

来週、アデノイドの手術を全身麻酔でされる子供さんがいますが、やめた方がいいですよと強く言えない私です。

扁桃腺を切っていい訳ないじゃあありませんか?

もっと舌小帯を普及させなければ・・・

インフルエンザ予防とパタカラ

今日の午後、歯科材料店アベイルのKさんが、「先生、ニッポン放送でインフルエンザ予防にパタカラが有効だっていう放送聞きましたよ。」とウチに入るとすぐに言ってきました。

先週ぐらいからパタカラの有効性は信じていましたが、お昼のニュースで今年はインフルエンザがもう感染が始まっていて、ワクチンの確保やタミフルの備蓄などや、新型インフルエンザの話をしていました。

パタカラは薬に頼らなくて、体の免疫機能の向上に期待する画期的な装置といえると思います。

口を閉じることで口輪筋を活性化して、ポカーン口を治して尚且つ口呼吸による扁桃腺へのウィルス感染を防ぐというものだ。

是非とも試してみる価値はある。

また鼻呼吸により鼻毛などのフィルター効果や鼻の中の温度が0.2度ぐらい高いそうで、ウィルスが死滅するそうです。

仕事柄歯医者はマスクをしていますが、実は余計に口呼吸になっています。

口呼吸は万病の元です。

06_2 

美容院

次男がセンター模試を三島で午後7時過ぎまで受けて、東海道線の富士駅まで迎えに行く途中信号待ちで美容院の前に停まりました。

すると看板の照明は消えていて、お店の中でスタッフ全員でカットされている人、シャンプーしている人と練習をやっていました。

営業時間が終わってからみんなで練習していることは知っていましたが、本当にその光景を見るのは初めてでした。

店長に認めてもらわないとカットもカラーリングもできません。

この人たちには有給休暇も病欠もありません。

早く1人前になって独立したいから。

また知り合いの方で3つの仕事を毎日やられている方もいます。

当然年末年始もありません。

歯の治療に来た時にユニットで待たれていると寝てしまっていることもシバシバあります。

理由は聞きませんが、いつも「しっかり寝てますか?」と声をかけさせていただいています。

アメリカのビッグ3の救済も国民は否定的なのは、社員の給料もいいし、福利厚生もいいし、他の待遇も飛びぬけていいからだそうです。

こういう不景気になると権利云々ということは言ってられないのかもしれません。

ソフトクリームとスプーン2

01 「ソフトクリームとスプーン」の表紙です。

これを来週からダウンロードできるようにします。

西田さんのイラストはどれもとってもかわいいキャラクターです。

これで「舌小帯」が世間に広まったら本当にうれしく思います。

明日はプレスリリースに挑戦してみます。

ウィルス感染?

先月からパソコンの調子がおかしくて、メーカーのサポートセンターに何回も電話をしていたのですが、先週とうとう「ウィルス感染です。」とオペレーターに言われ、1.0TBの外付けハードディスクを昨日購入して、取り付けました。

後は工場出荷前の状態にする予定でしたが、今日のオペレーターはリモートサポートしているのにやってくれずというかこれは私がやらなければならないことだったと思うんですが、説明書をメールで送ってきました。

オペレーターがこの部分はやってはいけないところなんだと思います。

バックアップをとっていたら何かパソコンの調子がよくなり、どうもセットアップする必要がなくなったみたいです。

こんなこともあるんですね。

美白大臣と遭遇

東京駅で新幹線に乗る前に夕刊紙を買おうと思っていたところ、キオスクの前で美白大臣の中島香里さんと接近遭遇しちゃいました。

流石に美白大臣なので、真っ白のコートでした。

コマーシャルでもそうですが、顔の表情が少しも変りませんでした。

暇だったので、新幹線の清掃が終わる間、中島さんの隣に立っていましたが、いきなり「プシュッ!」とナkジマさんの方から音がしてビックリしてみてみると、小さいペットボトルの蓋を中島さんが開けていましたが、高濃度酸素が入っている水のようでした。

美容のためにはお茶やコーヒーは飲まれないのかもしれません。

本当は口元を見て歯はセラミックかどうか見ようと思いましたが、あまりジロジロ見るのも悪いのでやめました。

中島さんは小田原で降りられました。

家に帰って妻に話したところ、「ええっ、中島さんならその時間ショップチャンネルに出ていたよ!人違いじゃあないの?]と言われましたが中島さん本人に間違いありません。

ソフトクリームとスプーン

私のオリジナル絵本のソフトクリームとスプーンが完成してきました。

とってもいい出来になっています。

ソフトクリームを舐めれない子供さんに「舌小帯」が短い原因なんだということを知ってもらおうことで始めたプロジェクトでした。

西田さんのイラストがとても素敵で癒されます。

契約が完了次第、無料ダウンロードできるようにしたいと思います。

ご希望の方は akikuni@tokai.or.jp までどうぞ。

派遣解雇

いろんな業種で派遣社員の解雇が始まっています。

ただ、来年1月までの契約が1か月前倒しになっただけと自分は思っていましたが、その1か月が大事なんでしょう。

でも派遣社員は派遣会社との契約で会社とはありませんよね。

今夜のテレビで解雇された派遣社員が出ていましたがあまり切羽詰まっているという感じが無かったのは私だけ?

寮を出なければ実家に帰るという流れ。

中には切羽詰まっている方がいると思いますが、恐らくそういう方はカメラの前に出る暇さえないのかもしれません。

あなたのケリーをダウンロード

エルメスのホームページからお気に入りのケリーバッグの型紙をダウンロードして組み立てれば神のケリーバッグのできあがり!

エルメスがこういうサービスをするのもビックリ!

消費の落ち込みを懸念して始めたのかもしれません。

本物が買えるように頑張りますね。

http://lesailes.hermes.com/jp/jp/

新潟セミナー

フリーランスの歯科衛生士さんの沢口さんのセミナーにウチの衛生士と新潟まで東海道新幹線と上越新幹線を使って3時間半かかって参加してきました。

とても参考になる話で、まずは沢口さんのプリベンティアケアをスタッフに体験してもらうように話し合いました。

明後日火曜日と木曜日に他のスタッフにも相談してみようと思っています。

そのためにエアースケーラーの見積もりを出してもらい、そしてストリングパーテーションの見積もりも出してもらう予定です。

また、工事見積もりも一緒に出してもらおうかな?

今の富士地区では完全に予防体制でやっているところが少ないのでチャンスかもしれません。

ジュビロ磐田入れ替え戦

残念なことにジュビロ磐田が大宮アルディージャに負けて、仙台と入れ替え戦に臨むことになりました。

いつも思うのですが、ジュビロ磐田のフロントっておかしくないですか?

大切な最終節の試合前日に来期契約しない選手を発表して、チームの士気が落ちると思うんですが・・・

また選手の引き留めにあまり熱心ではない感じ、冷たい感じがします。

エスパルスはハーフタイムや試合に勝つと花火を上げたりして努力していると思うんですがどうなんでしょうか?

選手とサポーターとフロントと話し合いをするいい機会かもしれませんね。

小学校で舌小帯説明します

今日の午後、小学校の校長先生から正式に1月の保険協議会で舌小帯の説明をする依頼がきました。

それで保健の先生と細かい打ち合わせを行うようになりました。

どういうやり方がいいのか見当がつきませんがとっても楽しみです。

昨日のインフルエンザ予防のパタカラも使いながら小学校をよくしていくつもりです。

そのためにパタカラのメーカーのコムネットの会員に入るかどうか悩んでいます。

明後日、新潟でもう一度コムネットの営業の方と会いますのでよく考えます。

インフルエンザ予防とパタカラ

パタカラのメーカーの営業の方が今日いらっしゃって、いろんな説明を受けました。

口呼吸を鼻呼吸にすれば、インフルエンザウィルスや他のウィルス、細菌も鼻をとおることで鼻毛や鼻の中の温度が高いことでフィルターになり、感染しません。

また鼻呼吸は口呼吸で扁桃腺にウィルスがついて感染してしまうのを防止できます。

そのために小学校で生徒にパタカラを使ってもらってポカーン口を治して鼻呼吸に持っていけばインフルエンザに罹らなくなります。

この話を営業の方に話したら、もう既に東北地方で宝田先生がやられて効果がでているとのこと。

残念!

先を越されました。

でも世の中に広まっていないということは、まだ世間に認知されていないということかもしれません。

頑張ってみます。

富士高の同窓会

今年で同級生はみんな50歳になったので、これを機に来年の3月に学年の同窓会を企画しているそうです。

私はもしかすると舌小帯で忙しくなるかもしれませんので出席できないかもしれません。

また次男が大学に合格したらアパート探しもしなければなりません。

そいう時代になってきています。

同窓会も20代は仕事の話、30代は嫁さんや子供の話、40代は受験の話、50代は定年までの話、60代は孫の話となりますが、そのころには大分人数が減ってきます。

まだ50歳じゃあなくて、もう50歳かな?

舌小帯の本

先週の木曜日のセミナー講師の堀内さんからセミナーの内容を録音したCDが送られてきました。

以前私は、新幹線が大雨で止まって帰れないことがありましたので、ギリギリ池袋の会場にいることができず、セミナーの前半が終わったところで帰らさせていただきました。

そのために後半のセミナーの内容送っていただきました。

堀内さんは封筒から中の手紙まで毛筆で書かれていてサプライズでした。

手紙の中には舌小帯のことを本にするときは相談にのってくださるというような文面が書かれていましたので、ちょっと本気になってしまいました。

そこへ、お昼にコムネットから電話があり、そういうサポートもやってくれるという内容でした。

執筆活動にはいろうかな?

<石綿健康被害>改正法を施行…労災補償、遺族救済枠を拡大

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/asbestos/?1228105886

歯科でもアスベストリボンというものを使用していましたので、被害があると思います。

アスベストリボンは銀歯を作る過程で使用します。

歯を削って、型を取り、石膏でついで、削ったところにワックスを流し込み固めて成形して歯の形にします。

次にこのワックスをスプルー線という短いワイヤーを使って模型からはずし、円錐台という金属の上にこのワックスパターンとスプルー線を付けます。

そして円錐台を鋳造リングという円筒形の金属の筒に入れて埋没材という耐火材石膏を注ぎます。

その際に鋳造リングの内側にアスベストリボンを入れます。

その後埋没材が固まったら円錐台をはずして、スプルー線を取り除き、鋳造炉に入れます。

すると中のワックスパターンは焼けて無くなり、耐火材のなかにワックスパターンの跡が残ります。

それで鋳造リングを取り出して、ガスバーナーで熱して円錐台のあった所に金属を置いて溶かして遠心力を使って溶けた金属を中に押し込みます。

鋳造が終わるとすぐに水の中に入れます。

そして金属を取り出して完成です。

ガスバーナーで熱している時に何となくアスベストが出ている感じがします。

なぜアスベストリボンを入れるかというと歯科医師国家試験問題でも出題されていますが埋没材が固まるときのクッション代わりとか、埋没材の水分を吸って硬くするとかいろいろ説があります。

でも知らないうちに使用禁止になっています。

歯科大生や歯科技工士はアスベスト被害は大丈夫でしょうか?

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ