« ザ!世界仰天ニュース | トップページ | レストラン »

RとLの英語の発音

英語の発音でLとRができなければ違う意味になってしまいます。

prayとplayです。

prayは祈る。

playは劇、試合です。

まったく別の意味になります。

当然、舌小帯短縮症の場合は舌先が上顎につきませんからprayと聞こえてしまうと思います。

英語圏でないアジアでは関係ないかも知れませんが、韓国や中国の方が日本語を話すと聞きとりにくいのも舌小帯が短いからです。

« ザ!世界仰天ニュース | トップページ | レストラン »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/43054233

この記事へのトラックバック一覧です: RとLの英語の発音:

« ザ!世界仰天ニュース | トップページ | レストラン »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ