« 食べるのが遅い | トップページ | 口呼吸 »

発音障害

舌小帯が短いと、カ行、サ行はタ行に、ラ行はダ行に発音されてしまいます。

「おかあさん」は「おたあたん」と聞こえます。

小学校に上がる前に「ことばの教室」と呼ばれる授業がありますが、舌小帯が短いために上顎に舌の先がつかないためにこういう症状になっているので、言葉が確立してしまう3歳前にした小帯切除手術をお勧めします。

舌小帯切除手術後に「構音練習プログラム」を練習していただければ大丈夫です。

« 食べるのが遅い | トップページ | 口呼吸 »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発音障害:

« 食べるのが遅い | トップページ | 口呼吸 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ