« タングプレート3 | トップページ | スリープレコーダー納品&会社社長井出歯科医院に来訪 »

舌小帯短縮症と中国

北京オリンピックの期間中、中国語が耳によく入ってきましたが、もしかすると中国全体の人が舌小帯短縮症なんではないかと思い始めました。

話している時は語学の特徴かもしれませんが、口を大きく開けていません。

発音もちょっと舌小帯短縮症独特な発音と似ています。

もしそうならば、中国10億人全て舌小帯が短いかもしれません。

うーーん、すごい市場かも・・・

« タングプレート3 | トップページ | スリープレコーダー納品&会社社長井出歯科医院に来訪 »

歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舌小帯短縮症と中国:

« タングプレート3 | トップページ | スリープレコーダー納品&会社社長井出歯科医院に来訪 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ