« 久しぶりの舌小帯切除手術 | トップページ | マーケティング »

ウサイン・ボルト

ウサイン・ボルトは100m、200mの常識を覆しました。

理由は100mはスタート前に大きく息を吸い込んで100mを無呼吸で息を止めて走る競技だと思っていました。

それが会場のビジョンを見たりして何か話してゴールしたりしても9秒69はスゴイ!

無呼吸でなくても早く走れるということになってしまいました。

今までカール・ルイスが隙っ歯を矯正で閉じてしまったために、口腔を小さくしてしまったために記録が伸びなくなったということでした。

その常識が覆りました。

そしてもっとビックリしたのは、通常はジャマイカの選手はイギリスやアメリカのコーチにつくそうですが、国内で練習してきたことです。

ウサイン・ボルトは手の振りもそんな大きくなかったので、足のキック力なのかもしれません。

こういう分析をしていくこともこれからのオリンピックには必要かな?

« 久しぶりの舌小帯切除手術 | トップページ | マーケティング »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウサイン・ボルト:

« 久しぶりの舌小帯切除手術 | トップページ | マーケティング »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ