« セールストーク | トップページ | 舌小帯を切るのか切らないのか? »

お助け寺

子供さんが通っている歯医者で、前回奥歯に金属の歯を入れてもらったのがすぐ取れて、つけてもらいに行ったところ、「簡単につけれるもんじゃあない!」と言われ、あと2ヶ月で永久歯に代わるからという理由で乳歯の神経を取られ、次回土曜日の予約の日にセメントを入れるのでどうしたらいいかという相談を電話で受けました。

また、どうみても反対咬合なのでそれをその歯医者に言っても、「全部並ばないとわからない!」と言われているともお母さんがおっしゃっていました。

まずは、新規に入れた銀歯が取れてきた場合はもう一度付けるにしろ、保険点数がありません。

そこで乳歯という理由で生活歯髄切断法か抜髄といって神経をとってしまったと考えられる。

そうすれば、保険請求上認められる。

でもこれは医療ではありません。

不正とかという問題でなく歯医者のモラルだと思います。

次に歯並びは永久歯にならないとわからないのはウソ!

反対咬合は幼稚園の段階でわかっています。

矯正ができないなら子供の治療はしないことが賢明です。

« セールストーク | トップページ | 舌小帯を切るのか切らないのか? »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/42095339

この記事へのトラックバック一覧です: お助け寺:

« セールストーク | トップページ | 舌小帯を切るのか切らないのか? »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ