« 休日診療当番 | トップページ | ターミナルホスピス »

バドミントン

北京オリンピックのバドミントンでオグシオがベスト4に入れませんでした。

バドミントンもバレーボールと同じく得点がラリーポイント制になって、プレイ内容が全く変わってしまいました。

ダブルスは、サーブ権が2度あったので試合時間が長くなってしまい、ダレル時間帯がありました。

また、得点もファーストサーバーが右にいれば自分たちの得点が偶数というめやすがあったのでよかったんですが、ラリーポイント制になってから私は全然点数を数えることができません。

シングルスの戦い方もラリーポイントになり大分変わり、ショートサーブ、ヘアピン、ヘアピン、ヘアピン・・・・・甘くあげた瞬間にスマッシュの餌食というスタイルになりました。(今はどうかわかりません)

ただ単にスマッシュが早いとかではダ今はダメで、如何に自分のミスを最小限に食い止めるかが課題になってきています。

点数の動きは早いのですが、ラリーがなくなってきたのも事実です。

どちらが面白いのかよくわかりません。

« 休日診療当番 | トップページ | ターミナルホスピス »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/42172940

この記事へのトラックバック一覧です: バドミントン:

« 休日診療当番 | トップページ | ターミナルホスピス »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ