« 新幹線止まる! | トップページ | 歯医者 »

急患の電話

午前中に電話で、「腫れているので夕方最後に診て欲しい。」という電話が入り、受付が私に指示を仰ぎに来ました。

「今、腫れているんですよね。午前中11時半に空いているのでそこで来てもらうわけにはいかない?]その後受付は何も言ってこなかったので後で聞くと、「会社を抜けられないので、他を探します。」と言われましたと返答してきました。

今、井出歯科医院では患者さんをお待たせしないように朝始まる前に今日診えられる患者さんの診療内容をスタッフ全員に告げて予約帳のコピーにみんな書き込んでいます。

そうすることによって前もって準備していればスムーズに流れていきます。

そしてスタッフはこれに頼り切ってしまっています。

確かにこれで何とか時間短縮できています。

恐らくこれで患者さんの最大のクレームが来ないと勘違いしています。

実はもっと一歩進んで、アシスタントをしないと早くならないことが分かっていません。

用意されているユニットが私が座り、一人で診療しています。

当然半年前は従業員に辞めてもらって私一人の状態でしたからアシスタントもいらない状態で診療していました。

新しいスタッフも洗いものと滅菌でアップアップ状態でしたからアシスタントもつけないでやっていました。

しかし、スタッフは命令されたことをこなしているだけなんです。

実はこのままでは本来の私の診療に戻すことができないでいます。

私とスタッフとの間にギャップが生じています。

ですから明日以降にどういう状態が私のベストなのかを告げてみます。

今日は60人ぐらいでしたが本来は100人ペースでやっていましたから。

そうすれば、今日の急患さんも診れる余裕も出ます。

« 新幹線止まる! | トップページ | 歯医者 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/42285891

この記事へのトラックバック一覧です: 急患の電話:

« 新幹線止まる! | トップページ | 歯医者 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ