« 土佐礼子さんお疲れ様! | トップページ | 久しぶりの舌小帯切除手術 »

土佐礼子さんお疲れ様2!

土佐礼子選手の右足の外反母趾は異常がなくてよかったですね。

高地トレーニングが悪いというわけではないのですが、どの選手もあまりうまくいってないのでは?

口呼吸ではどうしても呼吸が浅いので、心肺機能のことを考えるんでしたら舌小帯が短いと舌全体が沈下して気道を塞いでいます。

こんな状態で高地トレーニングしてもなにも意味がありません。

恐らく、日本のアスリートは殆ど舌小帯が短いので、睡眠時無呼吸症になっていると思います。

こんな簡単なことを見過ごしていると中々オリンピックで金メダルを取ることは不可能だと思います。

このブログでオリンピック前からずっと言い続けてきましたが誰も見向きもしません。

患者さんで陸上をやっている方が上顎前突つまり出っ歯だったのを舌小帯を切って、パタカラをやり、土佐礼子さんの矯正治療の10分の1の費用でやっていますが、タイムが2秒くらい短縮して優勝もしていると聞きうれしくなっております。

もちろん、コーチングで優勝した時のイメージトレーニングと相手によってのシュミレーションを考えてもらっています。

歯医者ですが、こんなこともやっています。

« 土佐礼子さんお疲れ様! | トップページ | 久しぶりの舌小帯切除手術 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐礼子さんお疲れ様2!:

« 土佐礼子さんお疲れ様! | トップページ | 久しぶりの舌小帯切除手術 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ