« 食べるのが遅い理由2 | トップページ | 神奈川歯科大学舌小帯科 »

食べるのが早い理由2

食べるのが早いと反対咬合になりやすいです。

理由は舌小帯が短いために、舌を「あかんベー」をして出すことはできます。

しかし、舌の先を上に上げることはできません。

そのために下顎の前歯の裏側をいつも押し続けて受け口にしてしまいます。

当然、四六時中押し続けていますので、歯と歯の間も開いてきて、隙っ歯になります。

« 食べるのが遅い理由2 | トップページ | 神奈川歯科大学舌小帯科 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/41441806

この記事へのトラックバック一覧です: 食べるのが早い理由2:

« 食べるのが遅い理由2 | トップページ | 神奈川歯科大学舌小帯科 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ