« バドミントン若手強し! | トップページ | 縁 »

歯医者はデストロイヤー?

歯医者は患者さんとしてきている人の口の中を壊すデストロイヤーなのかもしれません。

今日、新患で診えられた方のお話を聞いているうちにそう思いました。

最初はちょっとした虫歯を大きく削って金属を入れていく。

次は歯と歯の間に物が挟まる。

するとそこが虫歯になってまた銀歯にする。

すると歯が沁みてそこから今度は神経まで虫歯が進行する。

神経を取るが複雑な形をしているので全部は取りきれない。

すると今度は化膿して膿が歯肉から出て腫れる。

根っこの治療をするが持たない。

そして抜歯。

抜歯した後は両隣りの健全な歯を削ってブリッジ若しくは今流行りのインプラント。

ブリッジも負担がかかりすぎてまた抜歯。

インプラントは簡単に外すことができないので泣き寝入り。

次は入れ歯になるんですが、それでもインプラントを勧められて莫大な費用。

インプラントも上手く噛めなくて総入れ歯まっしぐら。

保険診療をしている限りこの流れを止めることはできません。

保険診療は病気でないと治療できませんから。

予防は保険診療ではできないからです。

« バドミントン若手強し! | トップページ | 縁 »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/17718841

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者はデストロイヤー?:

« バドミントン若手強し! | トップページ | 縁 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ