« 津端アフィリエイト塾 | トップページ | 口呼吸とアスリート »

土佐礼子選手とヌデレバ選手の違い

世界陸上2007のマラソンで最後にデッドヒートをしたヌデレバと周春秀と土佐礼子の違いは呼吸法だった。

最後のラストスパートに土佐礼子はついていけなかったが、本人には悪いが金魚の酸欠状態のように見えました。

一方、ヌデレバと周は口は閉じたまま走っていた。

日本陸連のお偉い方、鼻呼吸をもう一度考察に入れないとまずいかな?

北京は光化学スモッグがひどく、口呼吸したら一発でアウト!

鼻呼吸なら多少鼻がフィルターの役目をします。

Qちゃんも是非ウチに舌小帯切除に来て欲しい。

北京で走るQちゃんを見てみたい。

« 津端アフィリエイト塾 | トップページ | 口呼吸とアスリート »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土佐礼子選手とヌデレバ選手の違い:

« 津端アフィリエイト塾 | トップページ | 口呼吸とアスリート »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ