« 1才半検診 | トップページ | お天王さん当日 »

お天王さん

子供の頃からウチの地区の祭り「お天王さん」が明日行われます。

本当は7月14日にやるんですが、今年は中学生の中体連のために1週間早くなります。

あまり由来なんて考えていませんでしたが、富士市の祭りに吉原の祇園祭(お天王さん)がありましたから、コピペしておきます。

平安時代の初め、貞観十一年(八六九)京の都に疫病が大流行し、庶民は勿論、貴族階層まで苦しめることとなりました。
 医療の方法もほとんどなかった当時としては、神仏に加護を求めるだけが頼りでした。その頃、八坂の地に祗園社が定まり、祗園御霊会(ギオンゴリョウエ)が催され、悪霊退散、疫病追放をひたすら祈り、願いました。御霊とは此の世に怨みをもって不幸な死を逐げた人の荒々しい霊が現世の人に、病気や災害を与えるのだと、当時の人々は信じていたため、それを鎮める祭りは以前から行われていましたが、それが御霊会であり、悪霊を鎮められる強い霊を持つものは誰であろうということで、もとインドの祗園精舎の守護神であった、牛頭(ゴズ)天王を祀り、又、民間では男神、素盞鳴命(スサノオノミコト)が祀られるようになりました。
 八坂の祗園社で御霊祭が催されることになると、八坂神社と牛頭天王、祗園が同じ場所にあるため接近し、祗園会(ギオンエ)という形で合体するに至ったといわれています。
 京都における祗園会は長い歴史の中で、戦乱などにより一、二度、絶えたこともありましたが、明応九年(一五○○)六月再興され今に続いています。
 牛頭天王や、素盞鳴命を神輿に祀り、これを担ぎ、村の中、部落の中を荒々しく暴れ回り、悪霊、疫病を退散させる「御霊信仰(ゴリョウシンコウ)」の祈りは、祭りの形となって京都から各地の宿場や農村漁村へと拡がっていったようです。その流れを汲むのが現在、日本各地で行われている祗園祭であり、天王さんの祭りです。
 祭りの形は、地方によって趣を変えていますが、日本の祭りの大方が、地方から発展してきたのに対して、都から始まり地方に普及した数少ない祭りが祗園祭、天王さんだと思われます。
 また、一説には、祗園を祭るのは、主として水神信仰によるものとの説もあるようです。
 今、祭りは、揃いの浴衣に鉢巻き姿の子供達、若者達が担ぐ神輿のかけ声や、飾り付けられて引き回しされる山車の賑やかな囃子の音が街中に響き、六月、梅雨時のうつとうしさを吹きとばすような盛り上りです。

吉原の祇園祭は山車が出て、毎年雨が降るので有名です。

それから1ヶ月後に「お天王さん」が各地で行われます。

« 1才半検診 | トップページ | お天王さん当日 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/15707995

この記事へのトラックバック一覧です: お天王さん:

« 1才半検診 | トップページ | お天王さん当日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ