« 久しぶりのアサーティブネス | トップページ | 井出歯科医院増築計画 »

プロポーズ大作戦最終回

妖精(三上博史)が礼(長澤まさみ)に「一人の男が悔やんだ過去をやり直す旅に出た。男は必死で過去を変えようと努力したが、奇跡の扉は開くことは無かった。旅の果てに男は気づいた。いくら過去を変えても自分は自分でしかないんだと。そこで考えた、過去を嘆く今よりも今を変えようとする未来の意志が一番重要なんだと。今からでも間に合わないかい?」

長いセリフですが、一番ジーーーンと来るセリフですね。

こういうドラマが今の日本には大事かな?

« 久しぶりのアサーティブネス | トップページ | 井出歯科医院増築計画 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロポーズ大作戦最終回:

« 久しぶりのアサーティブネス | トップページ | 井出歯科医院増築計画 »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ