« 公務員のボーナス | トップページ | アネックス2 »

アネックス

保険請求記載要領ガイドマップ「アネックス」という小冊子が出ました。

歯科の保険点数が引き下げと指導料について書かれています。

こういうものが算定できなくなりましたというものと、チェックバイト、ゴシックアーチの高得点の取り方も書かれています。

月平均300万円の保険診療報酬で、スタッフの給料手取りで15万円、歯科衛生士16万円で3人雇用が平均的です。

これで歯科医院がやっていけると思いますか?

ぎりぎりの人数で、有給休暇もボーナスも支給しなければなりません。

介護保険とどっこいどっこいです。

当然保険点数を決めているのは厚生労働省。

いつまでも官僚主体で特殊法人の食い物にされている保険診療は、みんなで辞めて新に保険点数を設定するしか方法はなくなっています。

こんなセコイ小冊子を作成していないで、保険診療の仕組みそのものを歯科医師会と医師会で協力して、適正に行われているのか調べる機関を大至急作る事が大事で、参院選の候補の後援会名簿なんてやっている暇なんてないと思います。

年金でさえこんなにずさんなんだから、保険制度なんてもっとひどいと思います。

もう今まで、何人も国会に歯医者を送り込んでも何もかわらなかったでしょ?

« 公務員のボーナス | トップページ | アネックス2 »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/15588402

この記事へのトラックバック一覧です: アネックス:

« 公務員のボーナス | トップページ | アネックス2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ