« 歯医者は絶滅危惧種? | トップページ | 暖冬 »

偶にはコーチングの話

親戚の子供が高校入試でした。

先月話したときには、結構反抗的でした。

私「将来は何になりたいの?」

子供「わかんない。」

私「でもすぐ高校入試だよね。どこにするの?」

子供「知らない。」

私「俺は中学のときは早稲田大学の理工に行きたかったんだけど、高1の夏休みに友達が歯医者になると言っていたのでそれで歯医者になることを決めたんだよ。」

子供「なーんだ、結局高校で決めたじゃん。」

私「そうじゃなくて、中学の時に早稲田に行くには富士高しかないので、冨士高にしたんだよ。」

子供「・・・」

私「将来のことを真剣に考える時間を作ることは必要だよ。」

子供「わかった」

高校生活がどんなものになるかはスタートが肝心です。

でも今は大学を出ても就職を希望するところにはいけません。

取り合えず、公務員が崩壊しているからです。

« 歯医者は絶滅危惧種? | トップページ | 暖冬 »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/13776413

この記事へのトラックバック一覧です: 偶にはコーチングの話:

« 歯医者は絶滅危惧種? | トップページ | 暖冬 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ