« コーチングの本 | トップページ | 花粉症リターンズ »

企業内コーチング

日産がコーチングを取り入れていたのは有名な話でした。

でもトップが変わらなければ何も変化はありませんでした。

フランスのルノーでは自殺者が多くなってきていると聞きます。

やはりカルロス・ゴーンが変わらなければダメだったんでしょうか?

コーチングで危険なのは思い込みです。

何かよくなった気がすることです。

やはり億万長者になる人は法則を知っている。

そこで今夜の紹介する本は「カエルを食べてしまえ!」のブライアン・とレーシーの「100万ドルの法則」です。

億万長者はみんなこの法則を知っていたんです。

それと“脱☆メタボリックシンドローム”もよろしく。

http://www.metabolic-syn.com/

« コーチングの本 | トップページ | 花粉症リターンズ »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/14049279

この記事へのトラックバック一覧です: 企業内コーチング:

« コーチングの本 | トップページ | 花粉症リターンズ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ