« ちびまるこちゃん | トップページ | バドミントンの賞状 »

歯科のコンサルタント

歯科のメルマガに来月1月号のアポロニア21に31人の歯科コンサルタントの紹介があるそうです。

私はどうもヤラサレ感があるのでダメです。

成功している歯医者ってあるんでしょうか?

一流の歯科医院ではこれもやっている、あれもやっていると言われて楽しいはずがありません。

成功体験のあるコンサルタントならいいのですが、いいとこ取りをしている限り人は動きません。

3年~4年ぐらいのコンサルタントで何ができるんでしょうか?

今日まで、サンタの格好をしている歯科医院の皆様お疲れ様でした。

歯科医院に患者さんが求めているのは何でしょう?

先生なんです。

信頼のできる先生です。

せっかく来院されてきた患者さんをトリートメントコーディネーター?(歯科助手)にやらせていいんでしょうか?

先生がその患者さんを覚えていなくてどうするんでしょうか?

先日、忘年会でそこのシェフの奥さんはウチのスタッフの好き嫌いを覚えています。

当然シェフも覚えています。

それがプロです。

料理も全て記録しています。

当たり前のことがスムーズにできることがいいんです。

だから、自分の歯科医院に来た患者さんぐらい自分で診て、説明しましょう。

それが歯医者としてのプロなんですから。

コンサルタントの小手先のものでは患者さんは騙されません。

昨年、「サンタの格好はちょっと?」とその院長先生のブログに書いた患者さんをその先生は「価値が分からなければ来なくていい。」というニュアンスで返答されていました。

歯科医院はサービス業ではありません。

医業です。

人の命を預かる職業です。

小手先のことに惑わされないでください。

また、ISO取得なんてことはやめてください。

企業でも辞めるところが多くなっています。

マニュアルではダメなんです。

« ちびまるこちゃん | トップページ | バドミントンの賞状 »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/13200668

この記事へのトラックバック一覧です: 歯科のコンサルタント:

« ちびまるこちゃん | トップページ | バドミントンの賞状 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ