« 舌小帯切除無事終了 | トップページ | ホームページのカスタマイズ »

コーチングの弱点

コーチング フィードバックでYahoo検索していたら、コーチング実践会の杉本さんのホームページに「コーチングの弱点」というものがあり、妙に納得しちゃいました。

「答えはあなたのなかにあります。私はそれを引き出すだけです」
これってよくコーチングの説明に使いますよね。

ジャック・ウェルチさんの20歳の女性のコーチの例もあります。

コーチ「で、今日はどんなことをテーマにしたい?」
ウェルチ「そうだな。新しく発足させようとしている
         プロジェク トについてコーチしてもらおうか」
コーチ「いいわねぇ。じゃ、まずプロジェクトを進めていく
        のに何が必要なの?」
ウェルチ「まずはメンバーの選定だな」
コーチ「そう。誰をメンバーにする?」
ウェルチ「そうだねぇ。ボビーだろ、ディックも入れないとな。
     あ、それとデイビットにも入ってもらおう……」
コーチ「たくさん出てきたわねぇ。
        じゃあその中で誰にリーダーをやって
    もらおうと思ってるの?」
ウェルチ「うぅーん……。そうだな、ディックだな」
コーチ「あら、そうなの。
        ねぇジャック、あなたこの前、別の話の時に
    ボビーに相当期待しているって言ってたわよねぇ。
    でもこのプロジェクトのリーダーは彼じゃなくて
        ディックなわけね?」
ウェルチ「確かにボビーには期待している。
          でもディックにもスキルを伸ばす
     機会を与えたいんだ。だからここでは彼にリーダー
          をやってもらおうと思ってるんだ」
コーチ「あぁ、そういうことなのね。わかったわ。
        それ、良いんじゃない?」

これがエグゼクティブな知識もないのにコーチングできる例です。

ベンジャミン・ザンダーさんがボストン・フィルハーモニー・オーケストラの指揮者でなくただの気さくなおじさんだったら、国際フォーラムでチェリストのマサにやった指導はできなかったと思います。

コーチングではなく指導です。

コーチングだけでなく、カウンセリング、コンサルタント色んなスキルでやることが大事ですかね?

« 舌小帯切除無事終了 | トップページ | ホームページのカスタマイズ »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/11327451

この記事へのトラックバック一覧です: コーチングの弱点:

« 舌小帯切除無事終了 | トップページ | ホームページのカスタマイズ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ