« CCP(クラスコーチプログラム)2-3 | トップページ | キリスト教の通夜 »

人の死について

今週の火曜日に、横浜の叔父が危篤だと母に知らされていましたが、今朝亡くなったそうです。

親戚の人は大抵は「あっくにチャン」と呼ばれていましたが、横浜の叔父だけは違って呼んでくれました。

叔母は神奈川歯科大学時代に3年生のときに大学の教授に用があって来たときに、一階の教室から授業中に「井出明邦といって、静岡県富士市から来ているバドミントンの好きな子ですが、いますか?」と各教室を聞いて周り、5階の私の教室まで来ました。

そこで、ちりめん干しと缶詰なんかをもらいました。

大学合格して以来叔母のところに行っていなかった。

でも偶に、富士に帰っていて、法事で叔父が来ている時に叔父と話をすることがありました。

ウチの長男の大先輩の横国大出身で頭がとてもよかったです。

明日はお通夜、明後日は葬儀で、横浜に行かなければなりません。

それで、今日の午後に以前勤めていた歯科医院の院長の新盆にお線香をあげに行ったところ、奥様も先月亡くなったと聞きビックリ!

奥様にも大変お世話になったのに、密葬でやられたそうです。

ご冥福をお祈りいたします。

« CCP(クラスコーチプログラム)2-3 | トップページ | キリスト教の通夜 »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/11404464

この記事へのトラックバック一覧です: 人の死について:

« CCP(クラスコーチプログラム)2-3 | トップページ | キリスト教の通夜 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ