« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

モデル歯医者

今夜のCCP(クラス・コーチ・プログラム)でクライアント役でコーチングしてもらいました。

テーマは「コンサルタントが目指させている歯医者でなく、昔の歯医者さん」

昔の歯医者さんは患者さんが待合室で待っていても、今治療している患者さんとずっと話し込んでいました。

コンサルが勧める歯医者とは、スタッフはマニュアルで管理され、スタッフも人事管理されて人間味が全然ありません。何のためのマニュアル何でしょう?

歯医者の視点が患者さんに向いていないと生き残れないことがわかりました。

CCPって本当にフィードバックが暖かいです。

メルマガ発行

マグマグに6月27日号に「コーチング歯医者」メルマガが紹介されました。

http://www.mag2.com/m/0000197170.html

こちらで登録できますのでヨロシクネ!

K26タイプ分け2-1

今夜のCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)はK26タイプ分け2の第1週でした。

コントローラーのコーチングでしたので、当然コントローラー・サポーターの井出はクライアント役で立候補しました。

コーチは尊敬するYさんでした。

テーマは「4月の保険改正で歯周病治療がカットされたので、歯のクリーニングを自費で3千円~5千円にシフトしたい。」

Yさん「どうしたら患者さんにアピールできますか?」

井出「待合室の掲示板に載せます。」

Yさん「今までそれで何かやりましたか?」

井出「口臭測定を2千円でやってきました。」

Yさん「他にはありますか?」

井出「ビデオカメラで撮影して説明する。ホームページに載せる。」

Yさん「他には?」

私はここでビデオカメラはあまり使用していないので、突っ込まれると困ると思っていたのですが、他にはと聞かれほっとしました。

ホームページもトップページしか出来ていなかったので、やはり突っ込まれると困ると思っていたのにYさんはまともスルーでした。

次にYさん「井出先生提案してもいいですか?、無料モニターをやってみたらどうでしょうか?」、

Yさん「効果があると思いますか?」

井出「口コミで広がると思います。」

Yさん「何人浮かびますか?」

井出「5人。」

Yさん「ちょっと多いですね。」

井出「では、3人。」

Yさん「いつから始めますか?」

井出「水曜日がミーティングですので、来週からやります。」

Yさん「ちょうど5分でしたのでクローズです。」

Yさんのテンポのよい質問は心地よかったです。またチャンクダウンはしないのがコントローラーにはいいそうで、それで遭えて聞かなかったそうです。

とてもお得なコーチングでした。

新患が最近多い

今週もそうですが、最近新患が多くなっています。

矯正患者さんのお母さんとよくお話をさせてもらっているのもありますが、サポータータイプのお母さんは「こんな安い、しっかり説明してくれる歯医者はいない。」と思ってか、次々に患者さんを紹介してくれています。

それ以外に隣保班の班長もやっていることもあり、他の地区の班長さんも来てくれています。

自慢ではありませんが、リコールのはがきは17年前に1回出しただけで、それ以降だしたことがありません。何故ならばリコールのはがきはまたお金を歯医者で取られるという強迫観念があります。子供の友達のお父さんは検診のはがきを出してくれる歯医者に行きたいと言っていましたが、検診は自費なんです。自費で検診する人はいません。歯医者もリコールはがき50円でカモが来たと喜んでいます。

ウチはどうしているかというと、「最近あの患者さんが来ないね。」と自分で思ったり、スタッフと話していると、すぐ来院されます。こんなに安いリコールはありません。

診療計画を押し付けないことが一番なんです。「今回はやった方がいいですね。」と言っても患者さんは最優先順位の痛いところしかやりたくないんです。ですから私は患者さんにそれだけ説明して強要しません。後は衛生士にスケーリングしてもらい、これだけを習慣づけしてもらいます。ウチの衛生士にクリーニングしてもらうと、患者さんは口々に「スッキリしたー。」とおっしゃいます。

これが一番大事なことなんです。

ですからこれを続けた後に私は他の歯の治療を始めていきます。

京都のママのお宅訪問2

昨日の続きです。

京都のママさんの話では、他のワールドカップ出場国の選手はサインの欲しいサポーターがいたら、バスから降りてきてわざわざサインに応じてくれるそうです。確かにドイツまで来てくれてただ試合で応援するだけして帰国した日本人とは大違い。

マリノスの小村選手の元奥さんは試合が終わった後にサポーターとスタジアムの掃除をしていたとか、井原選手のお母さんは全国からくる色紙を井原選手に渡して書かせたそうです。その色紙がお金に相当するんだと諭していたそうです。

また柱谷選手は審判にクレームをつけた時に他のメンバーに給水しろという合図を送っていたそうですし、井原選手はシューズの紐をわざと緩めてその間に給水しろと合図していたそうです。今回のドイツワールドカップでは誰かしていましたか?

よく中田選手が走れ走れと言っているのに誰も従う人がいなかったと話されていますが、一人でも彼の声を聴いていれば、少しは変わったかもしれません。

暑いドイツの気候ならそれに合わせて対処ができたと思うし、準備もできたと思います。

高所トレーニングでフィジカルを強くすることもできたと思います。

こういう話を3時間ぐらい話してもらいました。

一番大切なのは、驕らないことだということです。

ワールドカップに出場したからといってそれがゴールではないこと。

ちょっと羽振りがよくなったと言っても上には上があること。

天狗にならないこと。

誰のおかげでオマンマがたべることができているかです。

とっても有意義な一日でした。

でも鱧と鱧丼とても美味しかったです。加茂ナスの田楽も最高でした。

京都のママのお宅訪問

アサヒレントゲンの帰りにフジテレビの特ダネのキャスターの小倉さんが番組で時々紹介されている、サッカーの日本代表応援団のママのお宅に寄ってきちゃいました。

小倉さんが一昨年ママのお宅の庭からの鳥居形の送り火が見えて感激したとテレビで話しているのを聞いていたので、とても興味がありました。

中学校の修学旅行以来の嵯峨野は観光客で一杯でした。

車でお迎えにきていただいて、途中で森嘉で揚げたての油揚げをご馳走になりました。とってもおいしかったです。

お宅に着いてビックリしたのは、リックの20坪の芝の運動場でした。

そこから確かに鳥居形の山が見えました。本当に凄い!

斜め前のお宅が瀬戸内寂聴さん、神山繁さんのお宅が直ぐ裏。

うーん凄い。

よくやった川口能活

「1388ca22efcb93f2a492dbe7673a38ff-s.jpg」をダウンロード

今日、日本代表が帰国してきました。

もう次期日本代表監督にジェフのオシム監督に決まりそうですが、何となく清水エスパルスと同じ道を歩んでいると思います。

最初エスパルスはブラジルスタイルでやり、次にアルディレス監督でヨーロッパ流でやり優勝もした。

今は長谷川健太流でやっている。

最初の長谷川健太監督は昔のゾーンプレスでやりましたが、スタミナが続かずダメになり、結局今のスタイルになっている。

今のスタイルは若手に育成でどんどん新しいスタイルになっている。

やはり若手の育成にこれからの日本代表がかかっています。

4年後にはエスパルスの選手が全員代表になるかもしれません。

自分の性格

一昨日終わったCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)でクラスコーチのNさんが「井出さんは誰も意見を言ってくれないときに真っ先に意見を言ってくださるサポータータイプですね。いつもニコニコ笑っている楽しそうなコーチですね。」とフィードバックをいただきました。

確かにこの姿は以前の私ではありえなかったです。

でもコーチングでとっても自分自身が変わってきています。

昨年参加した経営塾は本当に良かったです。

でも今年はあまり好きになれなかったので辞めました。

コーチングは1年経ちましたが、CTPのクラスがとてもタイムリーな話題になっています。

いつもコーチングは楽しいよ。T先生。

今月の休診

6月は祝日がないので、今日22日に休みをとりました。

水曜日にお葬式がありましたが、予定通り休診にしました。

午前中は母のリハビリに病院に連れて行き、1時間後すぐお迎えに行き、スーパーマーケットに買い物につき合わされ、最後に銀行の解約につき合わされました。

急に銀行口座を1本にすることにしたそうです。「何かすぐ死んじゃうみたいなので、やめてくれ。」と母に言いましたが、そんなことを聞く人ではありません。

午後は鷹の湯に行き、足のマッサージを中心にやってきたので、大分楽になりました。

その間にも患者さんから電話がありましたが、明日来ていただくことにしました。

折角、休んでも休んでいないかな?

アサーティブネス実践

昨日、アサーティブネス2でクライアント役でコーチングしてもらった事を実践できました。

まず、笑いながら「こんにちは。」と挨拶できました。

次に席が真正面になったんですが、最初はぎこちなかったんですが、ワールドカップの話から他の先生方と一緒に話すことができました。

最近の自分の強みは苦手なものは逃げないで、逆にフィードバックを貰いに行く姿勢に変わりました。

以前は苦手なものは避けてきていました。

これが強みになってきています。

アサーティブネス2-4

今夜のコーチ・トゥエンティワンのCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)はアサーティブネス2の最終回でした。
アサーティブネス2の最後のクラスで「私はOK、あなたもOK.」をクラス全員でシェアしました。
自分もクライアント役をかってでて、「今夜お通夜で経営塾で一緒だった先生と会いましたが、私が結構メールで批判めいたことを書いたので、気分を害されていると思い、挨拶もろくにできませんでした。反応は沈黙でした。明日お葬式でお会いするのですが、どうしたらいいでしょう?」というテーマでした。
それで、Fさんにコーチングしてもらい、結果がでました。
明日は笑顔で挨拶です。
アサーティブネスはじゃんけんのあいこです。
どっちも勝たなくていい。
おそだしでもあいこを目指すこと。

矯正の判例記事

偶然、矯正の記事を検索していましたら、矯正の医事紛争記事を発見してビックリしました。

殆ど、インフォームドコンセントで、舌小帯の切除をしなかった矯正専門医が訴えられていました。

また、抜歯と非抜歯の説明不足も載っていました。

実は、今日新患で来られた子供さんで富士宮の歯医者で永久歯4本抜歯の連続抜去法を兄弟行うと言われ、ウチに来ました。

レントゲンで確認したところ、右上の4番目の永久歯が先天性欠如していました。

富士宮に月一来る静岡の矯正専門医さん、もう少し診査をよくしてください。お願いしますよ。

そうしないと、ばかの一つ覚えみたく大人にも連続抜去して治りそうもない患者さんばかり作らないでください。

川口能活ガンバレ

まだクロワチアと0-0ですがこのまま終わりそうですね。

とにかく中村選手の動きが悪いですね。もうロスタイムです。

ガンバレ日本!!!

デンタル・ドッグ

来週の日曜日に京都のアサヒレントゲンでCTの説明を受けてくるつもりです。通常CTはインプラントの術前撮影をして、設計、診断に使用します。しかし、2千万円するので、インプラントを打っている歯医者ではパントモというレントゲンと勘だけに頼っています。

インプラントをやっていない井出歯科医院は歯周病の立体画像で進行状況を説明するためにデンタルドッグという形でやろうと考えています。

費用は1人2万円で上下の歯周組織を撮影するつもりです。

来週から患者さんに説明を始めてみます。ある程度患者さんの希望が集まったところで購入計画を進めるつもりです。

メルマガ再検討

メルマガをブログ式に発行しようと思い、いつものブログのように書きましたがどうも許可がおりませんでした。それで、本や周りの人に相談してもう一度書き直ししようと思っています。と言ってもHさんはラスベガスに卒業旅行に行っていますので、今回はIさんに相談しようと考えています。

メルマガを発行してなにをしたいのかその辺をもっと明確にしようと思っています。Iさんの面談も来週の木曜日に予定しています。とても楽しみです。

同級生の息子さんの歯医者

以前にも書きましたが、同級生の息子さんの歯医者に行った患者さんの部分入歯が一昨日完成しました。いつもながらウチの技工士の腕がよく何処も痛くなく、バイトも問題なく、何も調整なしで上下入れていただいて、満足して帰っていただきました。

昨日にも来ていただいて、調整しようと思いましたが、何処も痛くなく、調子がいいとおっしゃっていただきました。水泳の高飛び込みをやられていて、前の入歯だと飛び込んだ瞬間にはずれてしまうそうでした。一昨日飛び込んだらはずれないし、食事もおいしく食べられてよかったそうです。

2度と同級生の息子さんのところには行かないそうです。

ここでヒントです。早く治療するには腕のいい技工士がいないとダメです。女の子に調整させていてはダメです。この時間ロスが命取りです。

それと歯医者が印象とバイトを取らなければダメですよ。

メルマガの審査が通りましたら、ちょっとだけヒントを書きます。

K24強み-3

人の強みを見つけるでした。私の場合は成功体験を聞いてそれがクライアントにとって幸せだったかどうかだと思います。幸せだったらその価値が強みだと思います。

しかし成功体験が無い人、強みの無い人はどうすればいいのか?

人のせいにしないことです。自分が悪いことに気が付かなければいつまでたっても成功しません。

また仕事に向いているかどうかも関係します。向いていない場合は他の向いている仕事を探すべきです。

成功体験、価値、仕事これがうまく重なって強みになります。

それともう一つ大事なことは素直な心です。

歯医者の予約は本当は順番

予約(リザベーション)は歯科医院では当たり前になっている。でも歯医者って本当に予約できるものでしょうか?

ホテルの予約は午後3時からのチェックインで、おおまかです。

披露宴の予約だって、前の組が時間オーバーしていれば次の披露宴は当然始まる時間が遅くなります。

怒る人はいますか?レストランの予約もそうです。

営業時間が午後5時からなら5時に予約すれば5時からスタートします。

これが7時から予約したらどうでしょうか?5時からの人がまだ話しに夢中になっていて中々席を立つ気配がないと、遅れてしまいます。

その時に7時からのお客は「こっちは7時に来ているのにテーブルにもつけないし、お腹はへってぺこぺこだよ。」と怒ります。

これってよくある歯医者での患者さんのセリフににています。

治療台が1台だったら予約は可能です。しかし歯医者には最低3台あります。

午前9時から診療開始ですと9時の予約が3人(A,B,C)です。

ぴったり9時にできる患者さんは歯医者が一人でしたらAさんだけです。

挨拶や世間話をして歯を削るとします。削り終わって15分になります。

仮の詰め物を衛生士に頼んでAさんは20分で診療室を出ます。

Bさんは9時15分に隣の治療台に移り、やはり挨拶、世間話後補綴物(被せる歯)を入れるために仮の歯を取り除いて、Bさんのお口の中に入れてカーボン紙でチェックして再び手元で歯医者が補綴物を削って調整します。

強く当たっていたら10分ぐらいかかります。

そしてセメントで患者さんのお口に装着します。

ここまで30分かかります。

そしてCさんに行くときは既に9時45分になっています。

Cさんは45分待っています。9時45分から根っこの治療で5分で終わります。

ここで9時30分の患者さんD,Eさんがもう来ています。

Dさんは9時30分に入っていますが、治療のスタートは9時50分です。

Eさんは9時50分に治療台に入ります。

こういう具合にどんどん時間のずれができてしまいます。中にはBさんの補綴物の調整を歯科助手、歯科衛生士にやらせている歯医者もいます。そうすれば、9時15分には歯医者はCさんの治療を始めることができます。

こういう治療の間にも急患がきます。そしてどんどん予定通りできなきなります。

それともう一つ大事なのは、歯医者と患者さんとの時間に対する価値を共有することです。予約が9時でも9時5分前に来る人もいれば、2~3分前、1分前、ジャストの人、1分遅れ、2~3分遅れ、5分遅れ、10分遅れと様々です。これを統一することも大事ですが、無理です。

だから予約は歯医者では無理なんです。

私の小さいときはウチの町には2件しか歯医者が無くて、よく午後の順番を取りに午前10時から待合室で待っていて雑誌は女性自身しかなかったのを覚えています。

午前中にやってもらうには6時前から並ばなければならない時代でした。予約では無かったです。

結論から言うと「順番」をとるでいいと思います。

近日中に「1日で患者さんを150人治療する方法」を発売予定です。

もっと早くボールをまわせ!

歩いている選手が多いし、ワンパターンの攻撃に対処できなかったジーコの戦術ミスかな?

もっとJリーグで活躍している日本人選手をもっと使えばよかったと思う。柳沢は故障上がりで選ぶべきでなかった。こういう試合はオランダのピッペンみたく足の速いフォワードの大黒を使うべきだと思います。中村も調子悪そうだし、サントスも悪い。状態の悪い選手ばかりでした。

暑さでバテテいる。

クロワチア戦に期待しましょう!!

もう一つのアフィリ塾

Hさんのアフィリ塾はもう一つ分かれます。そちらの方にウチの長男を入れようと思っています。最近長男はネット株やアフィリエイトに興味が出てきたらしく、ネットバンクの問い合わせを一昨日メールをよこしました。

勉強もそこそこやっていれば、ネット株やアフィリエイトをやってもいいし、この年齢からやっていればどちらもすごいことになると思います。それに先週Hさんの面談で一緒だった大学2年生がアフィリエイトで10万円稼いでいました。

Hさんが卒業式で熟生に「みなさんはずるいですよ。ツールもノウハウも手に入れている。後はマインドだけですから。」

本当にやる気だと思います。このアフィリも自分でやらないで、人に任せていれば儲かるはずありません。自分が儲けようとしなければ、何にもなりません。それを人のせいにしたり、システムが悪いと文句ばかり言ってもこのオートアフィリでは月に100万円儲けている人がいるわけです。逆切れしても自分が悪いことに気がつかなければただのツールだけです。自分が使いこなさなければダメです。

ラーメン屋の2代目

ある町にラーメン屋を代々やっている店がありました。しかし、近くにラーメン屋がどんどんできて最近はさっぱり客の足が遠のいています。そこで2代目は店を改装して、少し大きくしました。周りにラーメン屋が増えたことが悪い。バイトの店員を増やして近所の流行っているラーメン屋に客を装って秘密をスパイに何日も行かせ、スープもこっそり盗んできました。

2代目は親から譲ってもらったラーメンの味が出せなかったので、流行っているラーメン屋と同じ麺、スープの化学成分を分析して、スパイに行かせたバイトに作らせました。

最初はチラホラ新しい客は来ましたが、2度目、3度目と来てくれませんでした。このラーメンをまずいと言う奴が悪い。

2代目は麺のゆで加減、具も一流のものにして、ランチサービスもやり、出血大サービスもやったのに客は来ません。

そこでラーメン業界で有名なコンサルタントを雇ったら、「ツール、ノウハウは揃っていますが、気持ちが入っていない。」とこの生意気なコンサルタントを首にしたいのですが、高いけどまだ雇っています。とりあえずいつの間にか2代目のラーメンは地区一番で上手い店の味はバイトにコピーさせていました。でもお客は来ない。その責任をバイトに取らせ、何度も何度もラーメン作りを終電までやらせました。2代目は店が終わるとさっさと自宅に帰ってしまい、何故私たちだけ遅くまでやっているのが馬鹿馬鹿しくなり、その結果バイトは全て辞めてしまいました。

新しいバイトが入りまた前回と同じように今度はバイト自身に自腹で味を盗むようにしました。今回は辞めても言いように多めに採用していました。最初は嫌々でしたが、何とか同じ味を出せるところまできました。するとバイトの一人が「店長さん、コピーばかりしないで、自分の味でラーメンを作ってくれませんか?店長さんはラーメンを作らないで、すぐどこかに行ってしまう。偶には自分でスープを初めから作りませんか?」それでも2代目は同じスタイルのままでした。何故なら繁盛しているラーメン屋も自分と同じことをしていると信じているからです。お父さんの代のお客さんが来ますが、絶対にお父さんには作らせませんでした。2代目もラーメンを作りますが下手で、全てバイト任せ。

そうしている間にまた一人辞めるバイトが出てきました。どうする2代目?2代目の作るラーメンが美味しいという人がいない。

アフィリ塾2期

土曜日の午後3時からHさんの亜フィリ塾の卒業式でした。といってもこれからの2期目の話と素晴らしいHさんの話でした。内容は秘密です。

明日日曜日は朝からホームページ作成とオートアフィリをもう一度やり直します。そして12月に卒業旅行のラスベガスに今度こそ行きたいですね。

患者さんの一言

昨年、コンサルタントの経営塾で医院改革の説明を患者さんに説明していた時に言われた一言、「今のままではいけないんですか?私は今のままの先生のところが好きです。」

全て繁盛歯科医院はこうすべき、ねばならないばかりでした。

それをスタッフに提案して嫌な顔をされたこともありましたが、今では笑い話かな?

また久しぶりに来た患者さんに、「ドイツに行っていると思ったけど居たね。」笑いながら「人にウチの歯科医院を任せられないからね。」と答えた私でした。

でも今年の目標は「ドイツワールドカップに行く!」でした。

メルマガ発行忘れていました

メルマガの発行を先週のミリオネラのHさんの面談のショックで忘れていました。3年前にHさんにアドバイスされたことを今週中にまとめて印刷会社に出すつもりです。アドバイスしたことをしっかり覚えていたHさんもすごいし、こっちにフラフラ、あっちにフラフラコンサルの言いなりになっていたわつぃを注意してくれたHさんにとっても感謝感謝です。

メルマガを明日までに完成して発行します。タイトルがコーチング歯医者なんですが、歯科のコーチングの内容です。オーダーメイドの歯科医院創りをサポートします。

Tコーチにワンオンワン依頼

Tコーチにクラスコーチプログラムのためにワンオンワンコーチをお願いしました。お昼休みに30分間のセッションでオリエンテーションをしてもらいましたので、来週からスタートです。どんな風にクラスコーチプログラムをやっているのかわからなかったので、強い味方ができました。ハワイから「ハローハッ」で始まる名物コーチになりたいです。それと認定プロフェッショナルも目指して、最後にはシニアコーチを目指します。

アサーティブネス2-2

今夜のアサーティブネス2の2回目、コンフィリート傾向にあるクライアントにどう対応するかというグループコーチングで井出はクライアント役に立候補しました。井出は先週のミリオネラHさんと面談して落ち込んでいましたので、お得でした。

質問に次々に答えていくうちに自分の甘さ、Hさんに以前言われたアドバイスを全然やっていなかったこと、経営塾のアップデートをコマめにやっていなかったこと、Hさんとは6年前からの付き合いで特別扱いしてもらおうとしていることが分かってよかったです。

インプラントしない歯医者

今日久しぶりに来た患者さんが、知り合いの方が静岡市の歯医者でインプラントを入れてすっきりしているという話をされていました。

私のところは10年前に2人インプラントを入れましたが、辞めました。心配事が増えるのが嫌だったからです。

今の若い先生はガンガンインプラントを打っているようですが、釘を打っているようで好きになれません。

インプラントを打っている先生は全ての患者さんのことを覚えていますか?

ミリオネアと会って

実際に月2,000万円稼いでいるHさんと面談してもらって、また遠回りしていることに気づきました。

本当に3年間Hさんにお世話になってきましたが、どんどん手の届かないところに行ってしまっています。でも今の仕事を10年やってリタイヤするんだろうと思いますが、セミリタイヤをしてまたリタイヤというと何か違和感がありますが、まあいいか。

よくウチの患者さんで旅行にいくからその日は予約できないという方がいますが、私たち歯医者は自由に休みを取れません。これを目標に井出は頑張って行きたいと思っています。

新しいアイデア

今夜、カリスマアフィリエイトのHさんに集団面談してもらいました。

色んな新しいアイデアも浮かんできて、Hさんはシニアコーチ以上のコーチだと思います。Hさんはコーチングしている間にどんどん行動に移して血を流してきたとおっしゃっていました。先に経験して夢に向かって頑張ってきたそうです。

ホンの6年前に「パリ本店でバーキン2つ、ケリーバッグ1つを100万円で買う方法」の情報商材をYahooで買ってからの付き合いなんですが、片や月収2,000万円、私は○百万円です。この差はあっちサイトで稼いでいるからなんです。

まだこっちサイトでもう少しモガイテみます。

私の夢は「ベンツに買って乗ること」で満足していたためにもっと大きくなることができなかったと思います。

じゃあ井出の夢は○○です。

歯科医師過剰時代

今日は昨年9月から来なくなった患者さんが、義歯が合わないという理由で来院された。お話を聞いてみると、昨年から同級生に「息子の歯医者に行ってやってくれ。」としつこく言われていて、義歯を直ぐ作ってもらったそうです。私が「義歯ができるまで1週間かからなかったんですか?」「嫌、いつも空いていたので、すぐやってもらった。」結局技工士の腕も悪く義歯が合わなかったみたいです。

また、長年ウチに来てくれていた患者さんが息子さんのお嫁さんの弟が開業したので、そちらに行ってくれと頼まれていっているそうです。一度行ってしまうと良くても悪くても行き続けなければなりません。もう他の歯科医院に行けません。

こういう風に歯科医師がこんだけ多いと親戚、同級生、知り合いに必ず歯医者がいます。それをこういう関係で引っ張り込むと本人がかわいそうです。元々患者さんがいないのは先生に問題があるわけだからそこを変えなければ抜本的な問題解決に繋がりません。迷惑するのは周りの人ですよ。

人はどうしても行列ができるお店に行きます。それは仕方がありません。それを身内を引っ張り込んで無理をしてもダメです。もっと努力をしてください。

コーチング歯医者

明日までにメルマガを作成して審査をうけるつもりです。言い忘れましたが、「コーチング歯医者」でメルマガを発行します。歯医者とそのスタッフをターゲットにクライアントになってもらうつもりでいます。コーチは今のところ井出を入れて4名の候補者がいます。スタートするまでに歯科の現在の状況をレクチャーして準備万端にしておきたいです。地域一番は規模を大きくしなければなりません。それと経営者でなければなりません。そんなことをしなくてもご自身の考えている理想の歯医者に成れるようにお手伝いしていくつもりです。

写真も格好良く撮らないとまずいですね。いかにもコーチというポーズを考えますが、コーチ・トゥエンティワンのコーチ紹介を参考にして載せたいです。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ