« 京都のママのお宅訪問 | トップページ | 新患が最近多い »

京都のママのお宅訪問2

昨日の続きです。

京都のママさんの話では、他のワールドカップ出場国の選手はサインの欲しいサポーターがいたら、バスから降りてきてわざわざサインに応じてくれるそうです。確かにドイツまで来てくれてただ試合で応援するだけして帰国した日本人とは大違い。

マリノスの小村選手の元奥さんは試合が終わった後にサポーターとスタジアムの掃除をしていたとか、井原選手のお母さんは全国からくる色紙を井原選手に渡して書かせたそうです。その色紙がお金に相当するんだと諭していたそうです。

また柱谷選手は審判にクレームをつけた時に他のメンバーに給水しろという合図を送っていたそうですし、井原選手はシューズの紐をわざと緩めてその間に給水しろと合図していたそうです。今回のドイツワールドカップでは誰かしていましたか?

よく中田選手が走れ走れと言っているのに誰も従う人がいなかったと話されていますが、一人でも彼の声を聴いていれば、少しは変わったかもしれません。

暑いドイツの気候ならそれに合わせて対処ができたと思うし、準備もできたと思います。

高所トレーニングでフィジカルを強くすることもできたと思います。

こういう話を3時間ぐらい話してもらいました。

一番大切なのは、驕らないことだということです。

ワールドカップに出場したからといってそれがゴールではないこと。

ちょっと羽振りがよくなったと言っても上には上があること。

天狗にならないこと。

誰のおかげでオマンマがたべることができているかです。

とっても有意義な一日でした。

でも鱧と鱧丼とても美味しかったです。加茂ナスの田楽も最高でした。

« 京都のママのお宅訪問 | トップページ | 新患が最近多い »

「歯科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163922/10692940

この記事へのトラックバック一覧です: 京都のママのお宅訪問2:

« 京都のママのお宅訪問 | トップページ | 新患が最近多い »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ