« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

川口能活選手のマスコミ取材

先週、日本テレビを名乗る女性の方から電話があり、「川口選手の後援会の理事長さんですよね。川口選手のワールドカップ出場おめでとうございます。つきましては川口選手のお父様のご住所か電話番号を教えてください。」この時期には必ず電話があります。フランスワールドカップの時と日韓ワールドカップの時もそうでした。何で日本のマスコミは視聴率欲しさにこういう取材しかやらないんでしょうか?冬季トリノオリンピックの時もそうでしたが、ジャンプ、フィギアスケート、スピードスケート、ノーマークだと荒川選手のように金メダルが取れるわけです。だからマスコミの皆さん静かに見守ってあげてください。何度同じ失敗を繰り返しているんでしょう。

でもフランスワールドカップの時に後援会会長のお店の2回で観たテレビ観戦は最高でした。生ビールもキンキンに冷えていてうまかったぁ。今回もテレビ観戦になりそうですが、川口選手のお父さん、お母さんお土産宜しくお願いします。またユニフォーム貰いたいな。

脱Y歯科

今夜は経営塾関係のIさんや先生方のホームページを削除させてもらいました。。一歩下がって考えてみたら、すぐにY歯科になってしまったら食えなくなります。自分で考える、試してみるでなければ成功しません。人任せでは絶対成功しません。今まで成功した人と同じことをやっていては成功しません。誰も考えなかったことをやらなければ、成功しません。それを宿題という形で公表したら何の意味もありません。だから私もノウハウを発表しませんでした。見学に来られても今のスタッフでは無理ですので、参考になりません。これは私と技工士と当時の衛生士でなければできません。それだけラポールができていないとできないものです。

木曜日の午前中にそれと似た状態になりました。前装冠の印象、ブリッジの印象、連結冠の印象と3人重なりました。とても楽しく治療できました。本当はこういう治療が好きです。次に何をして、あれをして、テックはこうする。次にきている患者さんはこうして早く終わるにはどうする。と頭の中でイメージが湧いてとても楽しいです。

スラムダンクより凄かったのは、「女王の教室」の2夜連続のスペシャルで「どうして人を殺しちゃいけないの?」これが凄かったですね。一流の人は本を読んでいるとかでは答えになっていません。それに対して「その人の人生を失くしてしまうの。」こういうことを言ってくれたらまだついていったかもしれませんね。

削除

ブログの削除を希望されたので削除しました。

300人の歯医者やスタッフが期待して行っているんですから責任を持ってください!やるのは院長先生あなただからと逃げないで!

誹謗中傷はよくない?自分は?

今朝のミーティング

今朝のミーティングではスタッフにまず4月1日からの保険改正について指導料が患者さんの同意とサインがないと請求できない旨をつたえました。次に4月16日の大阪のセミナーに歯科衛生士さんに必ず受講するように命令していたのですが、やらされ感があるので行かなくていいと伝えました。でも来月の有給をとるときは他のスタッフに迷惑がかかるのでそのときは他の人にすいませんの一言を掛け合いましょうと伝えました。もう一つは患者さんからテレビ、雑誌の情報を聞かれたりしますので、プロとして恥ずかしくないように必ずアンテナだけは立てておきましょうと伝えました。

今日のミーティングの私の状態はアサーティブネスだったと思います。えっただ眠かっただけ?違います、日曜日に声がつぶれてしまったためです。

今日のこと

フィードバックとは

①忠告、評価、強制でない。

②主観的評価でなく客観的評価。

③端的に伝えたい。

④アイメッセージ・・・お互い共通の尺度。

⑤記述的に伝える。

⑥ゴールがないと伝える。

⑦感情を伝えない。

⑧伝わったかどうか伝える。

⑨できるだけすぐ。

⑩承認を伝える。

⑪関係のないことを話さない。

⑫成長を願って。

⑬相手のタイプを知った上で伝える。

⑭許可を求める。

できるだけたくさんの人からもらう。

人は怒られると萎縮してしまいます。面識のない人から怒られるとパニックになります。辞めてしまったらどうするのかな?楽しくありませんでした。

コーチングでは楽しく帰ることができましたが、こうあるべきが多すぎた。だから今日は・・・

久しぶりの"24”

昨日の午後は久しぶりに静岡市のはとこの結婚式に呼ばれました。母の実家の叔母の孫だからはとこでいいと思いますがはとこの漢字変換ができませんのでひらがなです。

学校の先生同士の結婚式でしたので、教え子が静大付属小と由比小の教え子がたくさん来てくれてとても素晴らしい光景でした。同僚の先生方の余興もとても面白くて、自分たちの時代の先生とかなり違っていました。キャンドルサービスではなく何か得体の知れない液体を新郎新婦が各テーブルの花に注ぐと青白く輝いて綺麗でした。最後に雛壇の横のガラス管に注ぐと色が青色から黄色、赤色に変化してとても素敵なものでした。今日のセミナーで一緒のF先生が「レインボウオイル」とおっしゃっていましたので、ググリます。

午後7時からのパソコンスクールに間にあわず、1時間送れでホームページのアップをしましたがFTPエラーでできませんでしたので、月曜日に再挑戦です。

午後10時からACTの宿題のコーチングを受けた体験談つくりのためにパートナーに電話して、お互いコーチングセッションを1時間して終了。

今日の経営塾のために名刺を作成し始めて2時半に終了して就寝しました。

つかれたーーーぁ!!!

セミナーの安請け合い

アポロニアという歯科雑誌の記事にセミナーを受けてそれをすぐスタッフにやれと命令してもやるわけがない、こういう歯医者が今急増中なんだそうです。そういう私も昨年はそうでした。実際よく目からうろこが落ちたようですというセミナーに参加すると何か自分のところでもできそうな気がしてきます。

本当は成功された?先生は独自でやられていますので、私たちがいくらがんばってもできるはずありません。でもみんな成れる気がしてセミナーに参加するんです。

でも成功されてもそのまま歯科医院を維持することは不可能です。当然スタッフは結婚、出産、子育てで辞めてしまいます。その後も同じ状態に維持する仕組みを作らなければなりません。

未来永劫この繰り返しだと疲れてしまいます。そのためにはどこかで引退を考えていかなければなりません。

コンサルタントは未来のビジョンをどの程度まで考えているのか知りたい。明後日の地域一番経営塾でぜひ聞いてみたい。

保険の説明会

月から保険点数の改定があるために明日は歯科医師会の説明会があります。伝言ゲームのように厚生労働省の説明を聞いてきた社会保険部部長の先生が聞いてきた内容を部員の先生に説明し、それを郡市の先生に説明します。

本当は「かかりつけ初診」の廃止のついてもっと追及すべきところ、いつも構成労働省の言いなりになっている歯科医師会も問題です。歯科医師会は自民党に10億も年間献金していますが、そろそろ止めましょう。もう献金しても保険の点数が上がるわけがありません。それよりももっと保険組合の使途不明金や天下り、支払い基金への手数料を検討しないと何度も言いますが、負担金の引き上げ、保険点数の引き下げを繰り返しても医療費の減少には殆ど焼け石に水です。歯科医師会や医師会、薬剤師会はもっと追求すべきです。

シキシマパンや、酒店組合の使途不明金や運用の失敗や地方自治体の保険組合、特に仕事をしてなくて組合費で給料をもらい、休職扱いになっている職員。こういう無駄をなくさない限りいつまでたっても医療費は下がりません。

以前聞いたことがありますが、歯科、医科の治療費は全部自費で国が医師会、歯科医師会にお願いして保険診療が始まったと聞きます。

原点に戻って全部自費にすれば、いかにむだな経費を使っていたかわかります。それくらいのことを大久保会長しなければ何のために歯科医師会会長になったのかわかりません。坂本龍一さんでもPSEにはんたいして制度の見直しをやっています。がんばれ会長!!!

長男の下宿

今日は長男の合格通知と生協の案内が来ました。当初は横浜なので、新幹線で通わせるつもりでいましたが、生協の案内にアパートの斡旋も入っていましたのでどうしようか迷っています。ちょっといいアパートは6万円ぐらい、当然4年間だけでなく大学院も考えておかなければなりません。とりあえず、明日生協に電話していい条件のアパートがあったら土曜日に妻と長男で見にいってもらうしかありません。

私は土曜日は従姉妹の子の結婚式によばれていますし、日曜日はコンサルタントの岩淵さんの「地域一番経営塾」一回目がありますので、出れません。来週の4月2日の日曜日は同級生の水谷先生にいつもお願いしている舌小帯切除術の日です。

いつも土日がなんかかーかーある(由比弁)井出でした。

今日は何もない日

今日は何もない一日でした。それは、長男の国公立の後期の発表の日、次男の高校のオリエンテーション、三男の塾の送り迎えこの3つが重なり、岡山大学のセミナーの参加は断念しました。

次男のオリエンテーションの最中に長男の担任の先生が妻に「おめでとう。」と合格発表をプリントアウトして持ってきてくれて握手してくれたそうです。実は今まで2回私がこっそり確認して落ちていたので、妻には「絶対に見ないでね。」と念を押されましたが、それを破ってまた見てしまいました。「4FB0377」あったーーーーよかったーーー。

WBCもやっていて、そっちも気になったのですが妻にメールをうちましたが返事がありませんでした。後で聞きましたら携帯はオフにしておいたそうでした。

長男は自分で確認したときにちょうど妻と次男が帰ってきて、「おめでとう。」と妻に言われ照れくさそうに長男は「どうも。」と苦笑いしていました。

ちなみに歯医者の学校でなく情報処理です。

近くのチェーン店のオーナーは歯医者ではありません。歯医者は経営には不向きなんです。歯医者は経営者には向いていません。ですからウチは経営者の方にさせるつもりです。

歯医者のチェーン店

歯医者もフランチャイズチェーンになるようですという記事が毎日新聞に載っていたそうです。前からこういうことは言われていますが、実際はどうでしょう?

以前もブログに書きましたが誰もできたら歯医者には行きたくないんです。痛みや腫れが取れれば行きたくないんです。それを快適な空間にするのが歯医者と歯科衛生士と歯科助手と受付の役目なんです。

長男の大学入試の偏差値で分かりましたが、歯科大学の偏差値は低いです。これでは歯科医師の国家試験でも合格率が低いはずです。私立は入学金が1千万円で、授業料も年間400万円です。お金のある人しか行けません。

あるチェーン店の歯科医院は東京で歯科医師を採用してきて、完全歩合で給料を決めています。こういうチェーン店は予防という観点はありません。削って何ぼの世界です。これを容認している厚生労働省です。予防がいくら大事と言っても机上の論理です。だから私も保険医を返上できる日を夢見ています。

本当は・・・

昨日のACT(アドバンスト・コーチ・トレーニング)で体験談を発表しましたが、お互いの体験談のフィードバックで、姿勢やアイメッセージや起承転結がないやまとまりすぎというフィードバックがありましたが、ではどれがベストな体験談でしょうか?私はなるべく体験談をよく聞き、内容のフィードバックでしたが、姿勢が偉そうとか、息継ぎが気になるとか、特に私は「あのー」が多かったとかもっと内容を聞いてください。そういうフィードバックだと私なんか特に人前で話すのが苦手なのによけい萎縮してしまいます。CTPが自分にどういうことが機能したのかの体験談ですよね。それを聞くことに集中して欲しいです。発表の仕方や仕草が何か問われるトレーニングでしょうか?粗を探すフィードバック違いますよね。

弁論大会ではありません。CTPのどういうことが機能したのかを聞くことにレセプターを広げることです。前回のACTも欠点ばかりフィードバックしていてとても気分が悪かったです。必ず一人の方が言い始めると次々に始まります。これじゃ勇気を出して前に出て発表してもそういうフィードバックをもらうと、今度はその人が前に出た人の欠点のフィードバックをする。連鎖反応です。

次回は内容をフィードバックして欲しいです。それでコーチングをされてどういう体験があるかをシェアしたいです。

今日のACT

コーチ・トゥエンティワンでのACT(アドバンスト・コーチ・トレーニング)2回目に参加してきました。最初に前回の宿題でCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)の体験談を5人1組で発表しました。私はいつもの通り書いてきた内容と全然違うことを話始めて起承転結がないとフィードバックを頂ました。結婚式のスピーチ、昨年の父の葬儀のときの喪主の挨拶、講習会、母親教室でもそうで、緊張して舞い上がってしまって予定していた内容と違うことを話してしまっています。

次に100%被害者、自分に100%責任がないということでセッションしました。人はひどいことをされた時100%被害者になってしまいます。

井出の例では14年前ぐらいにササキのデンタルレーザーを1,300万円でリースで購入しました。静岡県ではまだ1台目とか言う言葉に騙されてしまいました。実際は「厚生省の認可が下りていないけれどレーザーで歯が削れるです。」という言葉にも騙されました。

これを100%自分が選んだ結果としてなった場合はセミナーで教授が「レーザーで歯が削れるとアピールすれば患者さんが来るでしょう。」客寄せパンダか!黒い墨を歯に塗ってレーザー照射すればレーザーが黒い部分を焼くのでそれで虫歯が削れるという言葉をよく考えれば、黒い紙に太陽光線を凸レンズに通して焼けるのと同じ原理だったんです。単純な嘘を見抜けなかった自分が悪いんです。

こういう風に視点を変えれば被害者でなくなります。

でも面と向かってあなたは被害者じゃあありませんよと言うのはダメなんだそうです。余計に意固地になってしまいます。

私も毎週土日セミナーに参加しているので、疲れが取れないんです。被害者なんです。視点を変えると土日セミナーにでないとどうなりますか?こういうことを何年続けますか?家族はどう思っていますか?井出の本当の職業は何?土日休まずセミナーに参加することで井出の得られるものは何?本当に出なければならないセミナーですか?こういう視点を変えれば疲れは疲れでなくなるかな?

今日の収穫

今朝はコーチ・トゥエンティワンのリハーサル・クラスに参加して、K36のCTP最後のモジュールのミーティング2はレベルの高い話で大変でした。クラスコーチが何人も入っていて、Sコーチは大変そうでした。強引にリッツ・カールトンのラインナップの話を私がはじめましたので、ちょっと場違いかなと思いました。実際は最後のモジュールなんで、参加しているCTP受講者もレベルが高いのかな?でもミーティングが上手くいかないからモジュールがあると思います。だからクラスコーチがたくさんいるクラスよりも実際に受講しているCTP受講者にやってもらった方がいいのではないかと 思いました。

午前中は真面目に診療して、午後は東京でI塾のセミナーに参加してきました。前回の3期生は900人ぐらいいたのですが、今回は1期と私の2期でしたので70人ぐらいでしたので、アットホームっぽくてよかったのですが、あまり知っている方がいらっしゃらなかったですが、2~3人の方とお話させていただきましして懇親会も8時前にホテルを後にして、今帰りました。

明日はコーチ・トゥエンティワンでACTです。

CTPリハーサルクラスに参加

明日の朝、新しいクラスコーチのリハーサルクラスに参加します。朝8時から9時までです。診療にちょっと入ってしまいますが、いいかな?初めての経験ですので、とても楽しみです。内容はK36ミーティング・マネジメントです。

ウチのミーティングは水曜日の朝8時半から10分程度ミーティングをします。まず連絡事項をみんなに伝えます。その後スタッフに何かあるようでしたらと話してもらうのですが、大体はスタッフの自分のこと、特に休みをもらいたいということしか言いません。

明日の朝のクラスではこのことを話してみるつもりです。とても楽しみです。

メーリングリストに投稿

あまりにも経営塾のみんなが変な方向に向かっているので、そのフィードバックをしたつもりです。

リッツ・カールトンのお話が出ていましたので、宿泊したことのない私が意見を言うのも差し出がましいのですが、皆さんはサービスの意味を間違っていらっしゃるようです。

宿泊のお客様に特別なサービスをするのがリッツではないと思います。
そんなことをしたら経営が成り立たないですよ。
スタッフの決済権2千ドルはそういうことに使うものではないと思います。

高野支社長はセミナーで「45万円のスイートルームに泊まる価値は何ですか?」と同業者の方に質問されたときに「45万円の部屋に特別な方と空間を楽しんで欲しい。」とおっしゃっていました。
高野支社長の本にも「ライバルは歯医者。」と書かれていて、個室で嫌な音が聞こえず、BGMのオルゴールの音しか聞こえないで、すごく快適だったと書かれていたと思います。こういう心配りがサービスです。

何か特別にしてくれとか、ものをあげたり、サンタの格好をすることがサービスではないということです。
そういう視点でホテルに泊まるのではないということです。快適に泊まれるようにスタッフは朝のラインナップで石鹸の置く位置やタオルのかけ方やその他諸々のことをディスカッションしていたそうです。

人は行動をおこすのは、切羽詰ったときです。
歯が痛いとか、腫れているとか、さし歯がとれたときです。
それが解消されたらもう行きません。
それには、私たち歯科医院がディズニーランドのようにもう一度行きたくなる様に環境をプロデュースすることです。
そのために患者様のニーズをよく聞き、ペイシングしてあげることが必要だと思います。

キュアとケアを分けるのはハード面です。
ソフト面は紙コップの位置、紙エプロンの付け方、ブランケット、スピットンの水滴、ライトの位置こういう心配りが歯科のサービスだと思います。
そしてよく患者様の話を聞いてあげることです。
望んでいないものを説得してもトラブルの元です。
大前先生もおっしゃっていましたが、歯医者が時間通り終わらないから患者様も守らないというお話がありました。
私の歯科医院がまさにお話のとおりでした。
これもサービスなんです。

いつも歯科医院の先生様の視点では患者様は敏感ですので、来なくなります。
患者様の視点で考えて見ましょう。

3月12日にセミナー終了後に大前先生の歯科医院を見学させていただいて、リッツ・カールトンの様な空間に感激した井出の独り言でした。

歯科医院見学も自分のところのが断然いいわよと思って見学しても何も意味がないことが分かっていない方もいるし、そういう姿勢では進歩しません。1年間のセミナーでそんなことを学んだつもりはありません。

この話はこれで終わり。

ファウンデーション・プログラム4

今夜のCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)はファウンデーション・プログラム4でした。価値の話でした。価値は本質、元々生まれながら持つ特質、不変的なものだそうです。井出のニーズはスニーカーコレクターの時はあらゆる雑誌をくまなくスニーカーの載っている写真から探していることで、価値は自分のビンテージスニーカーが雑誌に載っていることです。ちょっと違うかもしれませんが、不変的ではないかな?もう止めていますから。

経営塾の先生方の価値がよくわかりませんね。人それぞれですから。

私は分かろうとも思いませんので、勝手にしてくれですね。

次のメールは大前先生からのメールです。

「専門店街にする為にマイクロスコープ、CTではなく、今有るものを活用して
そして、専門店化し、そして自費化して、もしそれで余裕が有れば、
臨床や設備面でのアドバンテージとして、購入を検討されてはいかがでしょう」

さきに道具ありきではなくて身近なものでかつようすることが大事ということだと思います。今考えれば、ササキのアメリカンデンタルレーザーやモリタのセレックのような紛いものばかり手を出していた自分が恥ずかしいです。

サービスについて

サービスを辞書で引くと

人のために力を尽くすこと。奉仕。「休日は家族に―する」

商売で、客をもてなすこと。また、顧客のためになされる種々の奉仕。「―のよい店」「アフター―」

商売で、値引きしたり、おまけをつけたりすること。「買ってくだされば―しますよ」

運輸・通信・商業など、物質的財貨を生産する過程以外で機能する労働。用役。役務。

サーブ

リッツ・カールトンホテルのサービスはよく本に書かれていることがいつも起きているのではなく、普段は快適にすごすことがサービスなんだと思います。何かしてくれると受身の気持ちではなにもないのは当たり前なんです。何かあった時に決裁権を使っていてはすぐ無くなってしまいます。そういうための決裁権ではないんです。

歯科医院のサービスも昨日書きましたが、人は行動を起こすときは切羽詰ったときなんです。歯科で言えば我慢できない痛み、腫れているときと、詰め物が取れてしまった時です。痛みが取れれば来なくなります。でも歯科医院が快適なところだとまた来たくなります。それをするのが歯科のサービスです。どうすれば来たくなる歯科医院にするかというとよく話しを聞いてあげることです。それによってラポールができてまた来たくなるんです。サンタの格好ではラポールはできません。今も患者さんに話しましたが、気楽に来れるようにしているし、紙エプロン、紙コップ、滅菌済みの基本セットとよく話を聞いてくれる歯医者。これで十分患者さんは来てくれます。

ザ・リッツ・カールトン・大阪の宿泊感想

今日は経営塾のメーリングリストで「リッツ・カールトン宿泊感想」という投稿がありました。その方の感想はリッツ・カールトンやカシータという感動するホテル、レストランはみんな騒ぐほどスゴイわけじゃないというものでした。

私も宿泊したことはないし、カシータで食事したこともありませんので、言える立場ではありませんが、何かを期待して行く所ではないと思います。サービスって何か特別にしてくれるというものでしょうか?値引きやグレードアップサービスを期待していたのかどうかわかりません。

ウチの技工士が泊まったときの朝のラインナップで石鹸の置く位置やタオルのかけ方やその他細かいことに話していたそうです。

私たち歯科医院でも滅菌済みの器具、紙のエプロン、紙コップといいこれがサービスだし、レントゲンもデジタルにして撮影後すぐに患者様に見られるようにするのもサービス、もっと一番大事なサービスは患者様を待たせないことです。サンタクロースの格好をしても何もサービスではありません。歯科医院でいうサービスは患者様を待たせないで時間通りに治療を終了することです。中には時間を守らない患者が悪いという先生もいますが、そうではなくて自分が守ることをすることが患者様の予約を守るという行為に繋がるはずです。

歯科の先生はアクノレッジメント承認してもらいたい方が多いです。こんだけスタッフや患者様にもやっているのに誰もわかってくれない。それと先生と呼ばれていて天狗になっているんだそうです。(妻談)人からものを教えてもらうのが嫌な人種みたいです。

ヘルスマネジメント4

今夜のCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)はヘルスマネジメント4はチャージでした。私のチャージは休日に寝ているよりセミナーに参加していることがチャージになります。私は何回も書きますが糖尿病と高脂血症です。でもこの一年風邪もひかず、病気で歯科医院を休んだことはありません。健康というものはその人のイメージのものだと思います。花粉症でも一昨年までひどかったですが、昨年から実は花粉症でなくイメージした病気じゃないかな?と思い始めたら治りました。

糖尿病も高脂血症は昨日のセミナーではお昼から午後6時まで、500mlのペットボトル3本飲みましたら、普段トイレに行く回数が少ないのに4回行き、量も多かったです。ということは、水を飲む量が毎日極端に少ないためになっているためかもしれないので、明日からも2l水を飲むのを続けようと思います。

月曜日の朝疲れていてモチベーションが上がらない方がいますが、私はスタッフに患者さんのフィードバックを喜んでもらうことに集中していますので、そんな疲れているという暇がありません。色々やっていますが、本業は歯科医師です。

とてもいい一日でした

今朝早く、新幹線で大阪の大前先生の「インターネット活用術」のセミナーを受講してきました。参加者は経営塾の先生がお二人いらっしゃっていて私を入れて6人でしたがとても充実したお話でした。火曜日にアップ予定のホームページですが、大前先生のアドバイスで何個もホームページを作成すればいいとのことでしたので、予定通りこれはこれでアップします。今日の内容を載せようと思いましたが、これは清書だけしようと思います。

セミナー終了後、大前先生のご配慮で診療室を見学させていただきました。やはりザ・リッツ・カールトンの様な暖かさが感じました。それと色々なお話もしてくださって感激しました。次回は5月に今度は大前先生の診察室のあるビルでセミナーをやるそうですので、早く宿題を終わりにしてもう一度見学したいです。

何か週末はいつも充実していて楽しいです。

ACTの宿題

今夜はACT(アドバンスト・コーチ・トレーニング)の宿題がでていて、パートナーとACT参加目的とCTPを学んでの体験談を4回のセッションで仕上げて3月19日に発表することです。

私のパートナーの方は2年前にCTPを終わられている方なので、とても素敵な体験を話してもらいました。

私の体験はまだ9ヶ月しか経っていませんが、その間ストロングスタートセミナーで一緒のメンバーでコーチ911を作って、お互い刺激しあって楽しいし、来月3回目の集まりもあってとても仲間意識があっていいです。

コーチングライブや、インタラクティブトレーニングで一緒になったコーチの方やクラスコーチと一緒にランチやセッションできてとても楽しいです。

コーチングスキルもどんどん増えるしとてもハイになります。

ACTに参加してからはどんどん自分の目標が明確になるし、どんどん自分のレバレッジが広がってとても楽しいです。

mixiでもどんどん仲間が増えるし、自分の周りがスムーズに回り始めています。

コーチングは楽しいです。

明日は大阪に行ってきます。(よく井出さんはセミナーとか毎週参加してスゴイと言われますが、本当は新幹線が大好きなんです。新幹線の中で寝るのが大好きです。今度、イビキをかいて寝ている井出を見かけたら、起こしてください。よく東京駅に着いても寝ていますので。)

大前先生のビデオ

今夜は明後日、大阪の大前先生のセミナーを受講するのですが、前もってビデオを購入しまして、予習しています。本当にこのビデオだけでも素晴らしいのに日曜日はどんなセミナーになるんでしょう!2年前のセミナーなのにこの時点でホームページの重要性を言われています。

自分が何を考え、して来たのか。こういうことをホームページに書いて自分を見てもらう。勇気が要ります。

目標に向かって行動する。コーチングですね。

前回はザ・リッツ・カールトン・大阪で勇気をもらってきましたから、つぎは大前先生に勇気をチャージしてもらってきます。

残念!アップできませんでした

今夜、インフィニティ・パソコンスクールでホームページをアップしようと思いましたが、残念ながら富士インターネットのアクセスができず、来週の火曜日になります。

私の井出歯科医院のホームページはなんとランク3なんです。ずっと7年間そのままにしておいたので、年数でページランクが上がってしまいました。これで新しいホームページをリンクすれば楽にページランクが上がります。

新しいURLは  http://www.ideshika.jp 

まだページはありませんが宜しくお願いします。

ウチの妻にコーチングされました

昨夜、ブログを書いていたら妻が「あなたの行くセミナーで繁盛歯科医院の先生の話を聞いてきて、すぐ取り入れようとすることはいいけれど、所詮モノマネだよ。その先生は何年もかかって作り上げたシステムでしょう?もうしっかり根が張っていて、幹も太くなり、そこに花や実がなっているんだよ。それをあんたが花や実をとってきて自分に付けても枯れちゃうよね。それと一緒。ちゃんと根を張って太い幹にして花や実をつけなくちゃだめだよ。所詮人まねでは花も実もつかないよ。」

すごい!!!

ウチの妻は時々鋭いツッコミを入れる。

経営塾のみんな読んでるか?

ちゃんと種から自分で蒔かなきゃぁ。

8年前の気づき

8年前ウチの次男が書いた日記です。小学校1年生で書いたものです。宿題をやっていなかったために妻に怒られた後に書いた日記です。

きょうかなしいことにであいました。

ひとつはぼくがばかだということで、

ひとつはついていないということで、

もうひとつはなにもかもうまくいかないことです。

小学生でも気づくのですが、大人になっても気づくことができない人がいます。ちょっと前にテレビとか雑誌でラーメン屋の頑固親父で「俺が作るラーメンがまずいわけないだろ、お前らありがたがって食え!」みたいなお店がありましたが今どうなっているんでしょう?わけもわからない価値観をふりかざしています。でも最初はお客さんにおいしいラーメンを食べてもらおうと思っていたんですが、どこかで間違ってしまったのです。それはあせりです。

世の中これをやれば大丈夫という絶対はありません。でもそれを選ぶのは自分です。自分が今どういう状況にいるか判断できなければ目標が達成できません。患者さんから客観的なフィードバックをもらっているのにそれに目もくれずに前ばかり見ていると普段着でエベレスト登頂するようなものです。登頂した事のない人にノウハウを聞いてもダメです。リソースがありませんから。

ヘルスマネジメント3

今夜のヘルスマネジメントはバランスでした。バランスが取れているときの自分はどんな状態かというものでした。私は10年前は毎夜テニスとバドミントンをやっていた時がバランスが取れていたと思います。その時は患者さんもピークで1日150人診療していましたし、最新の器械もバンバン買っていました。

それが原因で糖尿病と高脂血症がひどくなり、昨年父が亡くなった時がピーづでコレステロール値が6,000を超えていて、いつ死んでもおかしくない状態でした。

今はコーチングとO先生の自費100%を目指す目標ができて、とても毎日が楽しいです。

1日も早く目標を達成して、30年後はハワイからコーチ・トゥエンティワンのCTPクラスコーチになっていて、ハワイからブリッジに参加して、「アローーハッ」と第一声から始まる名物コーチになりたいです。

そのために、外人コーチのクラスに来月から参加したいですね。

昨日のこと

昨日はコーチ・トゥエンティワンから帰ってきましたら、妻が椅子に乗って高いところの物を取ろうとした所、バランスを崩して床に顔から落ちて、鼻の上と唇を切って同級生の整形外科に罹って唇を3針縫ったと聞いてビックリしました。以前の私は「ばっかだなぁ、気をつけないからだよ!」と妻に追い討ちをかける言葉をはき捨てるのですが、さすがに今日は花の上がくろずみっていて冷やして寝ている姿をみたら言えませんでした。

今年は母の腕の骨折、私のムチウチ症、妻の打撲と続いています。厄払いしないとダメかなと思います。その分長男の大学合格に繋がってもらいたいですね。来週金曜日は発表です。

桜井コーチのインタラクティブ・トレーニング

また今週もコーチ・トゥエンティ・ワンのインタラクティブ・トレーニングに参加してきました。今日はインタラクティブ・トレーニングというのを忘れて患者さんの予定が入っていたんですが、変更していただきました。みなさんすいません。

今日はコーチ911のみなさんも一緒でしたし、前回のインタラクティブ・トレーニングとmixiで一緒のSさんとCTPで何回か一緒になった北海道のTさんとご一緒できてよかったです。それと前回のCTPの中で私にコーチングしてくださり、私の歯科医院のコーチングプログラムまで作ってくださったTさんとも一緒で本当に楽しかったです。

図工3

ホームページのトップページのフラッシュをイラストで描くつもりになり、「むふっふっ。」とニヤついていたら、ウチの妻が「サッカーボールかなんかがマウスポインターになって動くのを考えていない?」「えっ!何で分かるの?」すっかり読まれています。

考えているのはスタジアムを描いてユニットも描いて、キーパー役をやっている私がボールをキャッチする。これをよくわかったものです。

実は、小学校の時から図工の授業では遠大な計画を立てるのですが、時間内に終わらないので、評価は3なんです。中学、高校でもそんな調子ですので、評価は7か8ぐらいでした。でも胸像のデッサンは好きで、出来上がったときはとても感動しました。

歯科大学では歯冠彫刻といって2永久歯28本の歯を石膏棒に彫る授業がありますが、とても大好きでした。そのおかげで12年前ぐらいに北海道のトマムにスキーに行ったときに雪像彫り大会に出場してエスパルスのパルちゃんを彫って優勝して、無料宿泊券をゲットしました。

ここに載せてあるイラストも私が描いたものです。

いよいよ来週ホームページデビュー

今夜、インフィニティ・パソコンスクールのおかげで来週木曜日にリニューアルオープンです。とりあえず、トップページを作りましたので、見切り発車ですがいつまでも全部完成までいるといつになるのか分かりません。

今フラッシュをアニメか歯科医院写真か迷っています。アニメはY歯科クリニックを真似します。写真はI歯科医院を真似します。

写真はもう準備できていますが、アニメはこれからだと大変です。

でもやってみたいですね。

来週が楽しみです。

ファウンデーション・プログラム2

今夜のCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)はファウンデーション・プログラム2でした。主に妥協についてセッションしました。

妥協を辞書で引くと、対立した事柄について、双方が譲り合って一致点を見いだし、おだやかに解決すること。

コーチングでは我慢を伴って無理を甘んじてる

枠から出られない。

1.家庭環境で妥協していること。

2.家族関係で妥協していること。

3.仕事関係で妥協していること。

この3つのテーマをCTP受講者を3津のグループに分けてやりました。私井出は3つめの仕事関係で妥協していることの司会をやりました。

すべて家族が関係しているという意見がありましたが、ということはあまり触れてはいけない分野ではないかな?

確か夫婦間や親子関係はコーチングには不向きだと思います。

土日にセミナーにばかり行っている私の家族関係は秘密です。

リッツ・カールトンに学ぶ

4月からの保険改定対策をウチでは始めています。

1.今治療されている患者様をPMTCに移動して、自費で月一いただく。

2.検査をもっと徹底してサービスに努める。

3.保険はなるべくやめていく。

4.ハード(歯科医院快適空間を創る)ホテル・リッツカールトンに学ぶ。

5.もっと井出歯科医院の矯正を広める。(ホームページ作成)

6.井出歯科医院で働きたくなる環境創り。

7.コーチングを極める。(認定コーチ合格)

8.保険の書類はメディアが作成してくれる。

9.メディアにWEB予約をできるようにしてもらう。

10.クレドの作成。(優先順位1位)

ぼちぼちリッツ・カールトンのセミナー内容をライブドアで書いています。

仕組み創りに3月は頑張ります。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ