最近のコメント

最近のトラックバック

« もう一冊お薦め本2 | トップページ | コーチとの奇跡のご縁 »

コーチングライブは素晴らしい!

今年最後の“72”が無事終わりました。

朝起きた時に今日はやっぱりよそうかなと思いましたが、コーチ911の仲間が参加するコーチングライブだから無理して新富士駅に向かいました。

新幹線も米原で雪の影響で8分遅れていましたが、東京駅に定時に着きました。恐るべきJRです。

コーチ・トゥエンティワンに着くとコーチ911のメンバーが10人ぐらいいて心強かったです。

司会はコーチ・トゥエンティワンのHコーチでした。Hコーチは以前ワンショットコーチングでお世話になりました。

まず、CTPを学んでどう生かされたか?ここでドンドン名刺交換と成果を色々な方と話しました。そこで、ビックリしたのは後で気がついたのですが、経営塾のメーリングリストに載させていただいたM先生がいらっしゃっていたことです。世間は狭いです。

コーチングをやってフィードバックをもらう。自分がコーチしてもらっての効果。フィードバックは相手が成長する練習。CTPを学んでどうか?思いがけず手に入ったもの。CTPでどうなりたいか?3分間コーチングでどうなりたいか?こーちをつけている人から話す。

ここで、Sさんとコーチングしました。

私はOコーチについて色々気づかせてもらったことや、今スタッフのアクにレッジ面とをドンドンやっていることを話しました。

Sさんはコーチを色々変えていらっしゃるようでした。

次にクラスコーチの紹介がありました。

Mコーチ、Tコーチ、Mコーチ、Kコーチ、Nコーチ、Kコーチ、Uコーチ、Kコーチとすごいコーチばかりでした。電話の声と私の思っていたイメージと違っていたコーチもいましたが、とても素晴らしいコーチばかりでした。こんなスゴイコーチをコーチングしたり、コーチしてもらうのかと思うとドキドキしました。

次は6人1組でクラスコーチがついて1人をコーチングするセッションになりました。私のグループではコーチ21のIコーチがついてくれました。Iコーチは以前CTPで同じクラスになったことがあるコーチ21のコーチです。クライアントの方が秘書で社長がいつも「あれどこだっけ、こう言ったよね、もうできている?時間に追われるので、定時に帰れない。まだ秘書の仕事が8月からなのでやりきれていない。頭を整理したい。」というような内容だったかな?Iコーチはタイムマネージメントということでコーチングを始めました。15分後どういう状態になっていますか?現状は慌てた状態。心の中にゆとりをもらいたい。社長の立場に立ってみてどうですか?日々私がスタンバイしている。答として、定期的に連絡できるもの、メール、電話に付箋を貼る。書き留めたものを1ヶ所に置く。というコーチングをされていました。戦略的にはIコーチは「視点を変えて社長の立場に立ってどうかを考えてもらった。」私はそこでクライアント役の方に「褒められた事はありますか?飲みに行ったことはありますか?社長は好きですか?」と聞いてしまいました。私はこのクライアント役の方はタイムマネジメントの方法を知りたいのでなく、社長から存在を認めてもらいたいのではないかとセッション中に思い、そういう質問をしてしまいました。直ぐにIコーチに「今のセッションのフィードバックです。」と言われ「社長の現状を話された時と書き留めたものを1ヶ所に置く時にクライアント役の方のトーンが変わりました。」「また、コーチの質問にクライアント役の方が沈黙していたのをコーチがよく容認されていて良かったです。」と発言し直しました。

これで、午前中のセッションは終了で昼休み。

お昼はTコーチとUコーチとコーチ911のメンバーで近くのレストランのランチバイキングに行きました。そこで、Uコーチに「CTPのクラスが終わるとフィードバックシートがコーチ911から送られてきますが、その評価は大事なんですか?」評価はクラスが6人以上ででるそうで、高い評価のコーチはランキングが出るそうです。でもクラスコーチでかなり自分のコーチとしての能力を高めてくれるそうです。いいお話でした。

午後はフィードバック �@客観的事実 評価が入る。共通のものさし。

              �A主観的事実 コミュニケーションで大事。

相手が1歩進む。

フィードバックのポイント

私は思いました、承認とセット、伝わっているか確認、具体的に分りやすく伝える、フィードバックしていいですか?目的が共有されている、アドバイス、提案にしない、今のことについてで前の事でない、フィードバックをもらって生かせないとダメ。

フィードバックをもらう時

ありがたくもらう、裸の王様にならない、フィードバックをもらいにいく、フィードバックに反応しない、フィードバックを対応しようとする。もらったフィードバック歯全てでない、黙ってもらう。

そこで、3人1組になって、自分のテーマを順番にコーチングしてもらう。

まず私で、Kさんにコーチング。

「愚痴ばかり言うクライアントを何とかしたい。」というテーマでスタートです。まず、他のクライアントはどうかを確認して、何故愚痴ばかり言うのかを聞き、目標の設定を確認、はっきりしていないとのこと、これからどうやったらいいか方法を3個聞く、わからないということなので、そのクライアントのヴィジョンは分りますかと聞いている時にKさんが1つありますとのことだったので、聞こうと思ったら聞く前にタイムアップでした。オブザーバーのKさんに「コーチは文章が多いです。もと短めに聞いてあげればもっと引き出すことができたのに。」大変スルドイフィードバックをいただきました。その通りです。でもクライアントのKさんが全体のフィードバックの時に「次の質問を聞かれた時に前の答をきづたのが良かったです。」と言ってくださってホット一安心でした。

そこで、オブザーバー役のKさんは実は富士市の出身と聞きビックリで私の先輩の歯医者さんと従兄弟と知り2度ビックリでした。本日2度目の世間は狭いでした。

次は別の3人組みでコーチングです。

今回は以前CTPでお世話になったKコーチとYさんでした。

最初Yさんコーチ、クライアント井出でオブザーバーKさんでした。井出のテーマは「今スタッフにアクノレッジメントをやっていますが、次は何をやるんでしょう?」Yさんのコーチングで何とか個別面接とそのための部屋の掃除をやることになりました。Kコーチのテーマは「パソコンがクラッシュした時自分で直したい。」でしたが、私の経験からの話しになってしまい、コーチングにならずでした。でもずっとKコーチは笑ってこたえてくれました。コーチングってこんなに楽しいものだったかな?隣のグループは真剣な顔で皆さんコーチングしていましたが、これでいいかなぁと思いながらでも楽しかったです。Yさんがコーチングの時に今日はどういう気持ちで帰りたいですか?」と聞かれ、「クリスマスですからミレナリオを見て楽しい気分で帰りたいです。」結果コーチングの後はとても気持ちいい状態でした。

最後に2人1組で今日のシェアをSさんと行い、とても気持ちよく帰りました。

本当に帰りにミレナリオをコーチ911のOさんと静岡から来られているHさんと見にいきましたが、スゴイ行列になっていて全然進みませんでしたし、皆新幹線の時間があったので、チラッと見て帰りました。東京駅大手町から行列になっていました。

それともう1人富士市から来ている方がいらっしゃったので、ビックリでした。

また1月のコーチングライブに参加予定です。

 

« もう一冊お薦め本2 | トップページ | コーチとの奇跡のご縁 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーチングライブは素晴らしい!:

« もう一冊お薦め本2 | トップページ | コーチとの奇跡のご縁 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ