最近のコメント

最近のトラックバック

« 12月中にやること | トップページ | 今日のミーティング »

ラッキー

今夜のCTP(コーチ・トレーニング・プログラム)は指定された電話番号にかけましたら、女性のクラスコーチのはずが男性の声で「Kの03のクラスでーす。」しまった間違ってかけてしまったと思い急いでパソコンを開けて電話番号を確認したら間違いなかったのでもう一度ブリッジに入りましたら、今度は男性クラスコーチが「Kの03と11のクラスです。2つのクラスが入ってしまってます。もう一つの予備のブリッジの電話番号を言いますから、Kの11のクラスの方は移動してください。」と言われたので、すぐに新しいブリッジに入りました。

入ると直ぐに1人入ってきましたが、すぐ電話を切ってしまいました。それから直ぐにクラスコーチが入ってきて、「失礼しました、出席をとりまーす。井出さん。」と言われたので、私が「私しかいません。」と言いますと、「そうですか、残念ながらもう入れなくなってしまっていると思いますので、井出さんプライベートレッスンになりますね。」

・・・

ラッキーです。クラスコーチと2人でK11モジュールを始めました。まず、先週の宿題は「妥協している事を1つやめて、自分や周りの反応をみる。」

井出「ウチのスタッフは診療が7時ぐらいになると器具を洗っている時にガチャ    ガチャ大きな音をたてる。私の思っている妥協は我慢している事なので、    それを注意した。するとスタッフは「すいません。」と言うだけでした。」

コーチ「井出さんはどう思いました?何%の答ですか?」

井出「30%ぐらいです、もっと注意する時に優しい言葉ですればよかったです。」

コーチ「例えばどんな言葉?」

井出「もう少し静かに・・・違う他のスタッフに言ってもらったほうがいいののか   な?ウチはチーフがいないので、そういうことを一々注意する人がいないん   です。チーフに言ってもらえれば、ワンクッションになっています。」

コーチ「そうですね。次の蓄えを1つ増やすはどうですか?」

井出「早く寝ることによって、昼寝の時間を無くしてプールに行って泳いだり、歩   いたりして運動をしてダイエットでき、糖尿病が少しよくなる。」

コーチ「これは次のスペースを作るにもなるのですが、クローゼットの話で整理整     頓されていたら、空間的スペースも空きますが、心の中も余裕がでます。井出さんの心のスペースを空けることはできますか?」

井出「私の今いる部屋は足の踏み場もありません。捨てる本や雑誌が多いので    すが、捨てられないでいます。捨てるには、勇気と決断が必要ですね。私の心の中にはスペースが殆どありませんが、捨てられるものもありません。」

コーチ「今から5分間コーチングをやりますから、テーマを井出さん言ってくださ     い。」

井出「私のゴールはたくさんありまして、自立型スタッフの育成、認定コーチに落    ちたので次回の対策、ホームページ作成、経営のこと、来年卒業の歯科衛生士、長男の大学入試、糖尿病のことなどです。捨てられることについてお願いします。」

コーチ「一番気にかかっていることは何ですか?」

井出「認定コーチに落ちた事です。どこが悪かったのかわからないです。」

コーチ「どんな点が足りなかったと思いますか?」

井出「6月から始めていますので、経験が足りなく、合格された歯医者が実践経   験を積めば合格できるとアドバイスをいただきました。」

コーチ「経験を積めば合格できますか?」

井出「経験だけでなく、文章になっている問題case studiesのような問題に弱いで    す。どうしても思い込んでしまい、各論ばかり追っていて大筋がみえなくなってしまっているとOコーチに注意されていました。モジュールの効果的な質問でもそうなんですが、今の仕事が好きになれない、転職を考えている例の時に転職したいのをとめる必要が無く、只転職してもいい面ばかりではないよとコーチングすればいいと思っていました。しかし、クラスコーチが転職にはスゴイエネルギーがかかるので、できたら思い留まらせるほうがいいとおっしゃっていたので、頭がパニックになってしまい、こういう文章問題の戦略が苦手になってしまいました。そういう思い込みが激しいのです。それと「あなたの今一番食べたいものは何ですか?」これもトラウマになっています。ストロングセミナーの時に相手の方が回転すしの脂の少ない中トロと言われて、そんなのおいしそうじゃないよと思い込んでコーチングしてしまい失敗してしまいました。」

コーチ「先ほどから井出さんは思い込みという言葉が何度も出ますが、思い込み    ということを思い込んでいるのだと思います。中とろもおいしそうじゃないという井出さんの感想は感想でいいので、でもクライアントはそれがおいしいと思っているのも事実で、それもそのままでいいんです。」

井出「思い込みを思い込みしている?そんな気がします。歯医者の仕事でも原因になっている痛い歯はこれだとわからないと患者さんが納得しなかったです。でも原因がその歯でなく腫れてくる場合もあり、思い込みはよくないと思い今はあらゆる可能性を患者さんに告げています。先週のCTPでもコーチ役をやってコーチングしている時にクライアントは転職を考えているのではないと感じながらも転職にチャンクダウンして本来のテーマとかけ離れてしまいました。」

コーチ「そうですね、でも井出さんがコーチングしている時に違った方向になっていると直感したのは素晴らしいのですが、その時にクライアントに確認をいれるとよかったと思います。『今までお聞きしたことで何か不明な点はありますか?』という具合に聞いていただければクライアントが違和感があればそこで返答してくると思います。」

井出「確認を取ればよかったんですね。それと昨年の12月28日に4月に採用したばかりの歯科衛生士が急に介護の学校に行きたいから辞めたいと申し出てきて、一今でさえ衛生士として一人前になっていないのに介護はもっと大変だよと言って引き止めたのですが、意志が固く1月いっぱいとのことでした。1月には入ってからすぐ早退はするし、態度が悪く、歯石除去もいい加減にやっていて次の日に解雇しました。この子のコーチングは今の私でも無理かな?もう次のことに目が向かっていってしまっていってます。自動車免許証取得、セミナーとか行かして、サポートしていたので、余計腹が立ちました。」

コーチ「転職は本当にかなりのエネルギーが必要なんでね。本人にとって思い留まるのがいいのか、それとも転職していい結果が得られるかだと思います。」

井出「それからコーチングを学ぶようになって、ウチの妻がブログで以前と変わってきてると書いてあってちょっとオオーッと思っています。」

コーチ「素晴らしいですね。身近の方が感じるんではすごいですよ。」

井出「先程のスペースを作ることで、私にはできませんがこれが大学入試を控えている長男にはできるんです。『あとセンター試験まで1ヶ月半だからやらなければならないことをリストアップしてその中で捨てられるものを捨てろ!』」それと基準を決めるでは私は猪突猛進の人です。私は何でも自分でやらないと気が済まない人です。不思議と私の周りは同じ性格の人ばかり集まります。」

コーチ「(笑い)類は友を呼ぶですか?」

井出「そうです。もう一つの人との係わりは、私は1人称でみる人です。バドミントンの試合で負けるとパートナーのミスばかり覚えていて、実際は私のミスや全然動けていないです。それが今は2人称で少し見れるようになりました。」

とここまでが大体のセッションですが、ゴールがぶれて言いたい事を私がパーッと話しているだけです。この場合は現在位置を確認するというスキルをつかわなければなりません。その時の質問は目標を何%達成していますか?これで目標が明確になります。私はクライアントいなるといつもこういう状態になちます。

 

« 12月中にやること | トップページ | 今日のミーティング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラッキー:

« 12月中にやること | トップページ | 今日のミーティング »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ