最近のコメント

最近のトラックバック

« 経営塾の宿題 | トップページ | アンチエイジング »

レシート問題

経営塾の先生方でレシート発行で悩んでいます。

レシートも普通のレジスターでなく、診療した内容が細かく記載されたものです。

例えば、検査料、処置、投薬などです。

一人の先生は診療が忙しくて保険点数の算定漏れをしてしまい、月末のレセプト

作成時に加えてしまっています。

不正請求でないのですが、窓口会計が違います。

困るのは、高額治療をした時に国保から払い戻しがあります。

そこで患者さんがレシートか領収書を持っていって合計が合わないと問題なんで

す。

もう一人の先生は膿が溜まった根っこの治療は最初は治療費は3,000円ぐらい

請求できますが、次回から1回根っこの中を洗うだけなので300円ぐらいになりま

す。

再診料が300円なので、合計600円ぐらいです。

30分予約をとって600円では赤字です。

それで、一緒に歯石を全額取って3,500円、全部で4,100円ぐらい請求するそうで

す。

そうすると、患者さんの窓口負担は3割なので、1,230円ぐらいになります。

しかし、次回は歯石除去が取れませんので、600円ぐらいしか請求できません。

保険はこういう矛盾の中でやっています。

皆さんは健康保険料を払っています。

窓口でも3割払っています。

でも医療費は30兆円です。

医療費は患者負担率3割になりましたがこの10年変わっていません。

保険料金は上がり、保険点数は引き下げ。

倒産する医院、歯科医院が多い。

いつまで経っても医療費は下がらない。

入口と出口を閉めてもザァーザァー水が漏れているんです。

答は一つです。

年金と同じですね。

 

« 経営塾の宿題 | トップページ | アンチエイジング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レシート問題:

« 経営塾の宿題 | トップページ | アンチエイジング »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ