最近のコメント

最近のトラックバック

« ゴールの明確化 | トップページ | 中3生の目標 »

支払基金からの呼び出し2

今日の午後、支払基金に行って来ました。

場所がわからず、静岡駅からタクシーで行きました。

当初駅から歩いて行けると思っていましたが、実は2駅戻る草薙駅に近いところ

でした。

結構緊張して入り、受付の人に話ましたら直ぐに富士市の保険審査委員をして

いるH先生が来てくれて、「井出くんそんなに緊張しなくてもいいよ。ここでよばれ

たのはラッキーで保険課に行ってしまったら、個別指導とか面倒だったよ。」と話

されてくれました。

それから、暫くして応接室に呼ばれ、県歯の保険部長と副部長さんともう一人は

わかりませんでした。

基金「井出先生の普処が極端に多いので、保険者から通告があって今日来ても

   らったわけです。どうしてこんなに多いのですか?普処で食っているわけじ  

   ゃないでしょう?」

私「水道水のせいか分りませんが富士宮市は形成不全歯やホワイトスポットが

  多くその治療にフッ素入りの研磨剤でブラッシングしていましたので、本当は

  多数歯に及んでいたのですが2本の普処で請求していました。」

基金「青本に普処を何回とってはいけないと書いてないのですが、それでも多い

   し富士宮市の水道水で形成不全歯が多いと報告を受けていない。」

私「ではどのような治療でいいわけですか?」

基金「うーーん、再診だけかな?」

私「病名がなく再診?」

基金「とにかく多いのでどうしますか?」

私「もう先月からとっていませんからそれまでのものは査定して結構です。窓口で

  160円しかもらわない治療で個別指導ではバカバカしいですから。」

それで、終了しました。

事実今月からやっていません。

法律的には回数をうたっていませんからおかしいのです。

私は何とか窓口で安い金額で診療するかということをモットーにしてきました。

でも最近こういう金額が多くなってなんとなく経営を圧迫していましたので、やめ

なければならないのにやめられないことだったと思います。

 

« ゴールの明確化 | トップページ | 中3生の目標 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支払基金からの呼び出し2:

« ゴールの明確化 | トップページ | 中3生の目標 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ